ファイヤガード®

新規難燃剤ファイヤガード®"FCX-210"

FCX-210は帝人が新規に開発したノンハロゲン系難燃剤です
  • 有機リン系化合物
  • 白色紛体
  • 高いリン含有率
  • 高い難燃性
  • 高耐熱
  • 水への低溶解度
  • 高純度
  • 高い安全性
特徴 FCX-210 総合リン酸エステル
種類 有機リン系化合物 リン酸エステル
外観 白色粉末 白色粉末
リン含有量 15% 9%
融点 >250℃ 95℃
分解温度(*1 >360℃ 350℃
溶解度 at 20℃(*2
(g/100g 溶媒)
水; <0.01, エタノール; 0.15, アセトン; 0.07,
クロロホルム; 0.82, トルエン; <0.01,
キシレン; 0.01
-
  • 1)10%重量減量温度 TGA 窒素雰囲気 昇温条件20℃/minでの値です
  • 2)溶解度の数値は参考値であり保証するものではございません

HIPS実施例

HIPS PPE 難燃剤 L.O.I UL-94 HDT
重量部 重量部 種類 重量部 % 1/8
100 - - - 19.0 not V 80
100 10 - - 20.2 not V 83
100 - FCX-210 10 22.2 V-2 80
100 10 FCX-210 25 25.2 V-0 87
100 - TPP 10 21.2 V-2 69
100 10 TPP 30 - V-2 -
100 - PX-200 10 - V-2 -
100 10 PX-200 30 - V-2 -

PBT 実施例

PBT 難燃剤 L.O.I UL-94 HDT
重量部 種類 重量部 % 1/16 1/32
100 - - 22.2 not V not V 55
100 FCX-210 15 27.3 V-0 V-0 53
100 TPP 20 25.5 V-2 V-2 59
100 PX-200 20 24.8 V-2 V-2 57

法規制関連

  • *
    登録済み:化審法(日本),TSCA(USA),ECN(台湾),NPC(中国),EINECS(EU),CSCL(韓国)
  • *
    未登録:REACH(EU)