テオネックス®
ポリエチレンナフタレート樹脂(PEN樹脂)

テオネックスとは

ポリエチレンナフタレート(PEN)樹脂は、1995年米国Amoco Chemicals社が、PENの原料であるナフタレンジカルボン酸(NDC)の商業生産を始めたのを契機に、種々の分野で使用され始めました。当社はこれに先立つ31年前の1964年にPENの研究開発を開始し、テオネックスとして商業化し、工業用部品、食品包装、医薬品包装等の機能部材として、着実にその用途を広げております。
  テオネックスは、酸性分のNDCとグリコール成分のエチレングリコールとの重縮合物である結晶性熱可塑性ポリエステルであり、代表的ポリエステルでありますポリエチレンテレフタレート(PET)と類似の製法にて生産されておりますが、その性能はPET対比ワンランク上位に位置付けられます。
  テオネックスは結晶性樹脂でありますが、結晶化速度が遅く、容易に透明成形品が得られます。
  テオネックスは透明成形品として利用される代表的な樹脂でありますポリカーボネート樹脂(PC)に対し、耐薬品性に優れ、かつ傷つきにくい高品位な製品の提供を可能にします。

<PEN樹脂の特徴>

①透明性を有します
②PET対比+50℃の耐熱性を有します
③PETより耐加水分解性に優れ、長寿命です
④PETやPCより耐薬品性に優れます
⑤アウトガスや有機物の吸着は低レベルであり、汚染の懸念を軽減します
⑥紫外線(~383nm)を吸収し、内容物を保護します

応用分野例

  • リターナブルボトル
  • 化粧品容器
  • 食器
  • 医薬品容器
  • PETの性能改良ブレンド材料(水蒸気バリヤー、ガスバリヤー、耐熱性、紫外線吸収等)
  • 透明、耐熱、耐薬品性を要求する部品