ポリエステル繊維クッション材

優れたクッション性と軽量性を兼ね備えた「V-Lap」不織布

寝具やベッドマットレスなどには、多様なクッション材が使われています。
なかでもクッション性などに優れたウレタンが主流となっていますが、蒸れやすい、黄変しやすい、廃棄処分の際に環境負荷がかかるなど課題もありました。

「V-Lap不織布」の断面図(上)。
「V-Lap」は繊維の並びがタテ方向、
従来の不織布はヨコ方向

テイジンでは、これまでにも高機能ポリエステル繊維クッション材である「エルク」を開発するなど、機能性の高い原綿を生かしたポリエステル不織布製品のビジネスに注力してきました。こうした中で、繊維を垂直(タテ)方向に配向させる不織布製造設備「V-Lap」を世界で初めて導入。タテ型不織布の製造技術と「エルク」などの高機能な原綿を組み合わせることで、ウレタンに近いクッション性を持ち、しかもリサイクルしやすいポリエステル繊維クッション材「V-Lap不織布」を開発しました。

「V-Lap不織布」の優れた特性

「V-Lap不織布」は、繊維を厚み方向(タテ方向)に均一に配列した構造と、高機能原綿を組み合わせることにより、従来のポリエステル不織布よりも上下の圧力に強く、ヘタリにくい性質を実現しました。

圧力分散性

荷重がかかった部分だけ変形、圧力分散性が向上

また、従来の不織布よりも軽量で通気性が高く、屈曲性にも優れ、成型しやすいなどの特性を有しています。

さらに、黄変しにくく、燃焼時に有毒なガスが発生することも少なく、使用後はテイジンが展開している循環型リサイクルシステム「エコサークル」によりリサイクルが可能です。

軽量

ウレタンの半分以下の軽さ

柔軟性

屈曲性に優れているため、成型しやすい

吸音材など産業用途へ展開

「V-Lap不織布」は、クッション材としての機能以外にも、各種素材と複合加工をすることで、より高機能な不織布製品を作り出すことができます。たとえば、「V-Lap不織布」の表皮にフィルムなどをラミネート加工すると、軽量で高い吸音性を実現できることから、自動車向け吸音材としての展開が期待されています。

また、今後は断熱材や保温材、軽量ボードなどの産業用途への展開も進めていきます。

関連リンク

WEBカタログ