MENU

訪問看護師 採用

活躍しているスタッフ 5ステーション統轄管理職
Kさん

“一人一人と向き合う訪問看護を一緒に実践しませんか?”

訪問看護の魅力は何ですか?

患者さんの生活場面でじっくり触れ合うことができること。 一人一人の患者さんの、自分らしい療養生活を支えることに、看護師としての大きなやりがいを感じます。

印象に残る患者さんのエピソードを教えてください

初めての患者さん看取り、驚くほど安らかに息を引き取られ、献身的に見守っていたご家族の偉大な力・愛を感じました。看取りに立ち会うことができた患者さんは、最期に私をも待っていてくださったのかと思い、感動と達成感を覚えました。

なぜ訪問看護の現場を離れて管理職を目指そうと思ったのですか?

私は今、本社の企画スタッフとして5か所の訪問看護ステーションの業務管理を担っています。
具体的には、事業計画作成や人員体制の整備、訪問看護の実践に役立つ情報や診療報酬関連の情報収集、アクシデント対応、スタッフ面談等を実施しており、できるだけ現場に足を運んでスタッフが働きやすい職場作りをめざして活動しています。企画スタッフを目指そうと思い始めた当時は訪問看護ステーションの管理担当者が看護師ではなかったため、看護ケアの内容や看護師同士の人間関係・管理者の悩み等を相談できる窓口がありませんでした。そこで、看護師でありまた訪問看護の経験を持つ私なら役立てるのではないかと思い管理にあたる本社の企画スタッフになることを決意しました。特に看護ケアや記録・請求業務等には自身の経験を生かして現場のスタッフにも直接相談・助言できるため役立っているという充実感があります。

訪問看護の現場でのやりがいを感じるのはどのような時ですか?

訪問看護の現場では患者さんのケアに夢中でした。スタッフとのカンファレンスで次のケアを検討することが楽しく、主治医とも見解が違うことがあれば、対等に話し合いをして解決していました。患者さんからの「ありがとう」「楽になった」の一言が、自身のエネルギーになっていました。

現職で仕事のやりがいを感じるのはどのような時ですか?

・訪問看護師が生き生きと働いている様子を見る時
・現場のナースに頼られた時
・学会発表を手伝っていて、良い発表ができた時

訪問看護業務をどんな人と一緒にやっていきたいですか?

・患者さんと職場の仲間に愛情を持って接することができる人
・自分の看護に自信がなくても、一生懸命に取り組む人
・幅広く色んなことに興味を持てる人

訪問看護を目指す看護師さんにメッセージ

訪問看護は、手探り自己流で始めました。現場から離れられずもうすぐ20年になります。訪問看護は人の人生、生活に寄り添うとてもやりがいのある仕事です。在宅の患者さんは、あなたの手と目を待っています。訪問看護師として、患者さんとじっくり向き合うよりよい訪問看護を一緒に創っていきませんか?