TEIJINHuman Chemistry, Human Solutions
帝人在宅医療株式会社

患者さんの視点に立ち
わかりやすく伝える

中泉 秀

神奈川支店 横浜北営業所 在宅ケア職
入社年:2006年

Qなぜ帝人在宅医療を選んだのですか。

以前病院に通院していた時期があり、その中で人の健康を支えてくれる医療業界に興味を持ちました。その後複数の医療機器メーカーの選考に進む機会を得ましたが、中でも帝人在宅医療は会社の雰囲気が良かったことを覚えています。説明会ではこちらの質問に丁寧に対応してくれましたし、廊下で会う社員が元気にあいさつをしてくれるなど、他社と比較して魅力的な職場環境に映りました。入社してからもこの印象は変わらず、皆仕事に対しては非常に真面目で、同時にお互いに耳を傾けて意見を言い合える風通しの良い風土だと感じています。

中泉 秀

Q仕事内容について教えてください。

まずは営業担当から連絡を受けて、患者さんのご自宅に機器を納入し、装着の仕方やお手入れの方法などをご案内します。導入後には、適切に使われているか、消耗品はないかなど、日常的なフォローで患者さんのお宅をまわっています。特に独居のお年寄りや高齢のご夫婦など、支援が手薄になりがちな患者さんの元へは、普段からなるべく足を運ぶようにしています。ほか、半年に1回の定期点検にお伺いしますが、その際にはフィルターまわりの掃除や、停電時などに切り替わるバッテリーの充電チェックなど、機器が最適な状態を保っているかを確認しています。
ケア職は日常的に患者さんと接しますので、患者さんの状況を把握することも大切な役割だと考えています。たとえばHOTでの酸素量は医師が指定しますが、後で患者さんが勝手に変えてしまうケースがあります。これは体調の変化によることもあるので、病院に連絡してもらうよう営業職と連携を取っています。

中泉 秀

Q印象に残っているエピソードについて教えてください。

入社後ようやく一人で患者さんの元を回れるようになった頃の話ですが、高齢のご夫婦の旦那様にHOTを導入するという機会がありました。在宅できちんと機器を使用できることが退院の条件になっていたため、導入に際して機器の使い方やお手入れ方法をご案内しました。しかし、何度かお伺いしてもこちらの内容を理解してもらえず、そのためにご夫婦から謝られる状況が続いてしまったのです。
その後問題があるのは自分の方だと考えて、説明の仕方を工夫するようにしました。各部の名称や操作方法をマニュアル通りのことばで伝えるのではなく、理解しやすい簡単なことばに置き換えたり、一度にすべてを説明し切るのではなく、何回かに分けて伝えたりするようにしました。こうして何度が訪問するうちに、やがて問題なくご使用いただけるようになりました。
研修やマニュアルで知識を蓄えるだけでは、説明はできても理解してもらえるとは限りません。現場では患者さん一人ひとりに沿ったやり方が必要なのだと強く実感しました。

中泉 秀

OFF

休みの日は買い物に出かけたり、カフェで読書したりと気ままに過ごしています。自分と向き合う時間を取ることが、日々の仕事への活力になっています。

カフェで読書