TEIJINHuman Chemistry, Human Solutions
帝人在宅医療株式会社

地域のケアスタッフと
連携して患者さんの
暮らしを支える

大橋 浩恵

東京支店 多摩西営業所 ナース職
入社年:2014年

Q帝人在宅医療に入社した
きっかけを教えてください。

看護学校を卒業後、16年ほど看護師として病棟などで勤務していました。救急外来で働いていたこともあるのですが、患者さんと長く寄り添う形で働きたいと思い、訪問看護の仕事につきました。そこでの仕事自体はとてもやりがいあるものだったのですが、子育てをしながら働き続けるのは難しいところがありました。そこで見つけたのが帝人在宅医療です。仕事と家庭を両立しながらも、患者さんと人としてのつながりをしっかり持つことができるのが魅力でした。機器を一度導入していただいた患者さんとは、ときにはお看取りまでお付き合いさせていただくケースもあります。一人ひとりの患者さんと長く深い関係を築けるのが、この仕事のやりがいです。

大橋 浩恵

Q仕事内容について教えてください。

ナース職の仕事は、在宅に移行する患者さんやそのご家族への事前のご説明、機器導入後のフォロー、地域の訪問看護師やケアマネージャー、ヘルパーの方との連携体制を整えることです。ナース職は看護師の資格を持ちますが、医療行為を行うことはありません。
在宅に移行する際には、使い始めがスムーズになるよう、入院されているところから訪問して、顔を覚えてもらいながら患者さんに機器の使用方法を説明します。導入後のフォローでは患者さんのご自宅を訪問し、機器が指導に沿って使われているかを確認します。フォローで得た情報は営業担当を介して、ドクターにも共有しています。
また、患者さんには訪問看護師やケアマネージャーの方が付いていることがあり、そうした地域の医療・介護スタッフとも連携して患者さんを支えるために、勉強会など機器について知っていただく機会を設けています。

大橋 浩恵

Q印象に残っている患者さんを
教えてください。

あるとき中国人のご夫婦でご主人様がALS(※)を発症しているというケースを担当しました。患者さん自ら機器の装着やお手入れができないのはもちろんですが、そもそも日本語や英語でのコミュニケーションが難しいという状況でした。中国語を話せる上司に同行してもらいましたが、それでもなかなか伝えることができませんでした。
そこで、その患者さんの訪問看護師やヘルパーの方たちを交えての勉強会を行い、皆さんとの連携体制をつくりました。勉強会では患者さんご自身をモデルにして使用方法を説明することもあったのですが、実際に見て触れていただくことで、ご夫婦にも理解していただけました。
実は入社当初、看護師でありながら体調チェックもできないことに戸惑いを感じていました。しかしこの患者さんとの関わりをきっかけに、患者さんの不安を取り除き、安心して療養できる環境をつくっていくこともまた、看護師として貢献できることの一つだと気づかされました。

大橋 浩恵

※ALS(筋萎縮性側索硬化症):運動神経の障害により、体を動かすのに必要な筋肉が徐々にやせて力がなくなっていく病気

OFF

年子の娘が二人ともバレーボールをしており、その試合を見に行くことが多いです。小学生から高校生となった現在まで、一回も見逃すことなく応援しています。とくに夏大会は連日開催されるので、仕事の調整をした上で連休を取ることがあります。

バレーボールコート