TEIJINHuman Chemistry, Human Solutions
帝人在宅医療株式会社

患者さんの
想いに寄り添い
安心して暮らせる
環境をつくる

朝日 唯

神奈川支店 厚木営業所 ナース職
入社年:2014年

Q仕事内容について教えてください

主な業務としては、まず機器導入後の患者さんのフォローがあります。営業やケア職とも情報を共有しながら、認知症の方や高齢で独居の方など、使用に不安のある患者さんがいれば定期的に訪問するようにしています。正しく使ってもらうためのご説明はもちろん、中には機器を使いたがらない患者さんを説得することもあります。たとえば、低酸素状態に慣れてしまい機器の必要性を感じていなかったり、そもそも機械に拒否感を持っていたりする患者さんに対しては、コミュニケーションを重ねて信頼関係を築くと同時に、営業を通してドクターからも声をかけてもらうなど、患者さんに納得してご使用いただけるよう配慮しています。
また、医療・介護関係者に機器を理解していただくことも私たちの大切な役割です。営業と病院に同行して、病棟の看護師さんからも患者さんに機器を説明できるように説明会を行ったり、患者さんが在宅に移行する際に、訪問看護やヘルパーの方にも機器の使い方やお手入れを知ってもらうため勉強会を開いたりと、患者さんが安心してご自宅で暮らせるように情報提供を行っています。

朝日 唯

Q印象に残っているエピソードについて教えてください。

あるとき片麻痺の患者さんのHOT導入を検討することになりました。その患者さんは右半身が不自由でありながら、ご自宅で一人暮らしをされていました。まだ50代とお若い方で、なるべく自立して一人で暮らしたいという気持ちを持たれていたからです。
しかしHOTを導入しても、酸素を送るチューブが絡まってしまったり、ボンベの交換が必要になったりするときには、患者さん一人での対応は困難です。そこで、できること・できないことを患者さんと話し合い、その上で近くに住むご家族や通院するリハビリステーションに現状を理解してもらい、必要なときに支援を受けられるようにしました。これにより、患者さんがこれまでと同じように生活できる体制を整えることができました。
一見すると在宅での療養が難しいと思われる場合でも、患者さんの置かれている状況を理解し、ご家族や医療・介護関係者と連携することで、患者さんが自立して暮らせる環境をつくることが可能なのだということを強く実感しました。

朝日 唯

Q働き方について教えてください。

入社して3年目に子どもを授かったことで、約1年半休職を取りました。当初後任の方に引き継ぎをしてから休職に入るつもりでしたが、出産の予定日が早まったために、急きょ職場を離れることになりました。こまめなフォローが必要な患者さんの対応は、所長やほかの社員が引き受けてくれるなど、困ったときにはお互いをカバーするチームとしての職場にとても助けられました。
復職した現在は時短勤務で働いています。勤務時間が短い分、その日のうちにやるべきことや後にまわしてもいいものなど、優先順位をつけて仕事に取り組むようになりました。自分の仕事は可能な限り自分でこなすように心がけていますが、何か困ったことがある場合でも周囲に気軽に声をかけられる雰囲気なので、安心して働くことができています。

朝日 唯

OFF

娘と近所の公園にお散歩に行くなど、のんびり過ごすことが多いです。毎日保育園で歌や踊りなどいろんなことを覚えてくるので、一緒に過ごしていると子どもの成長を肌で感じます。

近所の公園