TEIJINHuman Chemistry, Human Solutions
帝人在宅医療株式会社

「粘り強さ」と
「学ぶ姿勢」が
日々の業務の成果へ

反町 翔

東京支店 城東営業所
入社年:2012年
出身学部:健康科学部 社会福祉学科

Qなぜ帝人在宅医療を選んだのですか。

大学では社会福祉について学び、部活動ではサッカーをしていたことから、将来は社会福祉もしくはスポーツに関わる仕事がしたいと思っていましたが、なかなか心に留まる企業に出会えませんでした。そのような中、ゼミの教授がCPAP(※)を手に「私が使っているこの装置の会社はどうか」と教えていただいたのが帝人在宅医療だったのです。この会社であれば自分が大学で学んできたことを活かせると思い、応募をしました。その結果、ご縁にも恵まれ帝人在宅医療に入社となりました。

反町 翔

Q仕事で心がけていることは何ですか。

私の営業は、「聞く営業」を基本としています。新人の頃は、「何か情報を提供しなければ」という思いから、間を置かないような話し方をしていました。しかし、ある日所長から「話しすぎるな。待て」と言われ、「今まで自分の話しかしていなかった」と、はっとさせられました。在宅医療に関する情報を提供することはもちろん大切です。しかし、私たちは患者様や医療関係者の話を聞き、的確にニーズを把握した上で、どのような提案ができるのかを考えなければなりません。以来、「聞く営業」を大切にし、間があっても焦らず話してくださるのを待ち、話しやすい環境を作る「気持ちの良い営業」を心がけています。同時に、的確な提案ができるよう常に新しい知識の習得も欠かさないようになりました。

反町 翔

Q印象に残っている仕事はなんですか。

この仕事をしていて何よりもおもしろいと感じる瞬間は、自分の提案がうまくいったときです。3年目に入ったばかりの頃の出来事は忘れられません。1年半前よりかねて提案を続けていた病院がありましたが、なかなかお取引ができないでいました。このままでは駄目だと思い、「いつまでに機器を導入していただく」という「ゴール」を決めました。そして、反町という人間を知ってもらうためにとにかく足を運ぶ、ドクターだけでなく、ナースや検査技士の方々と積極的にコミュニケーションをとり、ニーズの把握を心がけました。次に、そのニーズをもとに提案。さらに説明会を定期的に開いたり、機器そのものだけでなくその後のサービスについての提案など、段階的に営業を繰り返していったのです。その結果、大幅な機器の入れ替えを当社に任せていただけることになりました。この提案が上手くいったのは、「ゴール」を明確にしたからだと思います。この経験は大きな自信となり、仕事をする上でのモチベーションにも繋がっています。

※CPAP: Continuous Positive Airway Pressure
 睡眠時無呼吸症候群の治療器

OFF

4歳から続けているサッカーは、一度はプロを目指したほど、私の人生には欠かせないスポーツ。今でも休日には練習に明け暮れています。また、平日にジムで体を鍛えることも忘れません。

サッカー仲間たちとのショット
サッカー仲間たちとのショット

サッカー仲間たちとのショット