樹脂・難燃剤・添加剤

ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂

当社で開発したチタン系触媒PET樹脂は、射出成型、射出ブロー成型、押出し成型のみならず、繊維、二軸延伸フィルム用原料に適したグレードを取り揃えています。

帝人チタン系触媒PET樹脂の特徴

  1. 1.アンチモンフリー

    一般的に重合触媒として使用されている、アンチモン系触媒を使用していません。
    成型用途では、重金属*1フリーの製品を提供することが可能です。
    繊維用途においては、染色・アルカリ減量処理等の後加工工程において、処理液中に重金属を溶出することがありません。

*1. 比重が5以上の金属を重金属と定義しています。

  1. 2.生産性向上

    紡糸時の口金周辺の堆積物が少ないため、清掃周期を数倍に延ばすことができます。
    フィルム製膜時には、ロールに付着する白粉が少ないため、ロール清掃周期を伸ばすことができ、射出成形時には金型に付着する白粉が少なく、金型清掃周期を伸ばすことができるなどの特徴を有します。
    (グレードにより効果は異なりますので、詳細はお問い合わせください)

295℃で48時間紡糸後の口金のホール写真

帝人チタン系触媒使用チップ紡糸時

堆積物高さ:0~1 µm

アンチモン系触媒使用チップ紡糸時

堆積物高さ:10~ 38 µm