パンライト®
ポリカーボネート樹脂(PC樹脂)

パンライトは帝人がわが国で最初に企業化したポリカーボネート樹脂です。以来、永年にわたり帝人はパンライトの品質向上及び用途の開発に努力し、多くの成果をあげてきました。そして現在ではエンジニアリングプラスチックの代表的な樹脂として認められております。
パンライトは衝撃特性、耐熱性、寸法安定性、電気的特性、透明性及び衛生性など多くの特筆すべき特性を備え、現在では広く電気・電子、OA、精密機械、自動車、医療、保安、家庭用品などあらゆる分野に使用されています。帝人は将来のニーズに対応するため、たゆまない研究と開発を続けております。

パンライトはつぎのような分子構造をもった熱可塑性樹脂で射出成形、押出成形、ブロー成形等の成形が可能です。

パンライトの特長

衝撃特性 プラスチックの中で最高の衝撃値を持ち、さらに亜鉛、アルミダイキャストよりも優れた特性を示します。
使用温度範囲 低温領域から高温領域まで幅広い温度範囲で安定した特性を示します。
電気的特性 幅広い使用温度範囲で変化が少なく、絶縁材料として優れた特性を示します。
透明性 プラスチックの中では数少ない優れた透明性を持ち、光学用途やシート用途に適しています。
寸法安定性 優れたクリープ特性を持ち、吸湿・温度・時間による寸法の変化はほとんどありません。
耐燃性

優れた耐燃性を持ち、UL規格Subject94のV-0、V-1、V-2、HB、5VA、5VBを取得しています。