ごあいさつ

次の100年の飛躍に向けて
変革と挑戦で「未来の社会を支える会社」へ

 

帝人グループは、2018年に創立100周年を迎え、次の100年に向けて踏み出そうとする今、企業理念である「Quality of Lifeの向上」「社会と共に成長します」「社員と共に成長します」を礎として、「未来の社会を支える会社」となることを目指しています。それは、社会が抱える問題の解決に、新たな価値を創出し続けることで貢献していく企業です。

未来の社会は、今の延長線上ではなく、速く大きく変化していくものです。私たちはそれを追いかけるのではなく、先取りする変革者でありたい。多彩な高機能素材を有する「マテリアル事業」、医薬品、在宅医療などの「ヘルスケア事業」において成長を図るとともに、その事業が持つ強みを活かして新たな価値を提供できる分野へと進出、拡大していきます。そして将来は、両事業領域を2本の柱に、IT事業がこれを支え、それぞれの融合を図ることにより、新たな高収益事業を核とした持続的な成長を実現していきます。

100年前、帝人グループは日本でまだ誰も為し得なかったレーヨンの事業化を果たしました。その後、幾度もの企業変革を繰り返し、成長を遂げてきた歴史を受け継いだ私たちは、相互に多様性を尊重し、一人ひとりの個性と能力を発揮して、目指す姿に向けた「たゆまぬ変革と挑戦」を続けていきます。

 

帝人株式会社
代表取締役社長執行役員 CEO
鈴木 純