研究開発

知的財産戦略

第四次産業革命の時代となって、事業を取り巻く環境、知的財産を取り巻く環境も大きく変化しています。良い技術を開発し強い特許で守るだけではなく、知的財産を戦略的に活用することがますます重要になっています。帝人グループは世界中の人々の暮らしや社会に貢献する新たなソリューションを提供することを目指しています。そのためには技術単独ではなく、ビジネスモデルの構築という視点が重要となります。技術で勝って事業で負けるということにならないためには、経営・事業戦略、研究開発戦略の構築においても、知的財産を戦略的にいかに活用しどういったビジネスモデルを構築するかという視点が重要となります。知的財産戦略では、ICTを活用したツールを駆使した知財情報解析を行い、グループ内外の技術動向、知財動向を把握し、自社開発のみでなくオープンイノベーションも含めた技術群、知財の獲得方策を策定し、ビジネスモデルを構築することを目指しています。2017-2019中期経営計画における成長戦略・発展戦略の実行、目標達成に向け大きな役割を担っています。

帝人グループの主な知財戦略活動の概要

知財情報解析

事業戦略の立案には、徹底した事業環境分析が不可欠であり、知財情報解析を活用する取り組みを強化しています。帝人グループでは、特許情報のみならず非特許情報も駆使して技術動向や他社情報を解析(IPランドスケープ)し、その結果を事業上の意思決定に役立てる取り組みを実施しています。

知財ポートフォリオマネジメント

帝人グループの全事業分野において知的財産権を競争戦略の重要なツールと位置付けています。詳細な事業環境分析の結果に基づいて、事業のコンピテンシーとなり得るコア技術を中心に知的財産権を戦略的に取得し、競合他社の市場参入を阻止して競争優位性を確保するための強固な知財ポートフォリオを構築しています。

知財ミックス

競争戦略のツールとしては、特許権はもちろんのこと、実用新案権、意匠権、商標権、著作権および契約等のあらゆる知的財産権を取得・活用しています。また、独自の技術ノウハウを、営業秘密(トレードシークレット)としてグループ統一の基準で厳格に管理し、知的財産権の存続期間満了後も競争優位性を維持できる取り組みを継続しています。さらに、IoT関連ビジネスの発展によってますます重要性が高まっている知財契約についても、専門家を育成して対応を強化しています。