株主・投資家情報

個人投資家の皆様へ

展開事業

業績・指標

売上高8,537億円(2019年度)
営業利益562億円(2019年度)
ROE(収益性指標)6.3%(2019年度) EBITDA(成長性指標)1,072億円(2019年度)ROIC(営業利益)8.7%(2019年度)個別事業活動の改善から全社単位での指標向上へ
ROE
株主から預託された資金に対する投資利回り
「親会社株主に帰属する当期純利益÷期首・期末平均自己資本」にて算出
営業利益ROIC
事業活動に投じた資金に対する利益の効率性
「営業利益÷期首・期末平均投下資本」にて算出
(投下資本 = 純資産+有利子負債-現金及び預金)」
EBITDA
成長投資・株主還元の原資となるキャッシュの創出力
「営業利益+減価償却費(のれんを含む)」にて算出

長期ビジョンと将来イメージ

長期ビジョン

帝人グループは企業理念を原点に、持続可能な社会実現に向け、「環境価値」、「安全・安心・防災」、「少子高齢化・健康志向」の3つのソリューションによる価値を社会に提供し、「たゆまぬ変革と挑戦」を続け、「未来の社会を支える会社」になることを目指します。

「持続可能な社会実現」に向けた取り組み方針

私たちは、持続可能な社会の実現に向けて、人を中心に考え、Quality of Lifeを向上させる革新的なソリューションを提供していくとともに、事業活動に伴う環境、社会への負の影響が最小限となるよう努力します。

将来イメージ

事業分野を「将来の収益源育成:Strategic Focus」と「利益ある成長:Profitable Growth」の2つに大別し、「将来の収益源育成:Strategic Focus」分野へ積極的に資源投入をしていきます。 そして、2030年度には下図のようなポートフォリオになり、キャッシュ創出力の拡大を目指します。

株主還元

株主還元方針

「安定的・継続的な配当」に配慮し、状況に応じて自己株式取得等も機動的に実施します。「業績に連動した配当」により利益成長に則した増配を目指し、中期的な配当性向は、「当期純利益の30%」を目安としています。