サステナビリティ

CSR管掌メッセージ

将来のあるべき姿に向かって

帝人グループ専務執行役員
CSR管掌
早川 泰宏

今回の中期経営計画の策定では、帝人グループが「未来の社会を支える会社」となるため、SDGsが目指す将来の姿から課題を捉え、重要社会課題(マテリアリティ)を特定しました。帝人グループが貢献できる社会ニーズは何か、帝人グループの事業にどのような機会とリスクがあるかを分析し、社外の有識者のご意見も取り入れながら、取り組み方針やKPIを経営戦略に統合しています。

私たちはそれぞれのマテリアリティに対し、事業活動で価値を創出し、課題解決に貢献することはもちろん、事業活動が社会に与える負の影響をなくす、あるいは最小化していく努力を続けます。化学メーカーはともすると存在自体が環境に負荷を与えかねません。だからこそ、環境への負荷を減らすことは会社の存在意義につながると考えます。また、事業が存続するための経営基盤をより強固なものにすることで、社会とともに成長することを目指します。

今後はより一層、社員一人ひとりが今取り組んでいることの意義を理解し、誇りを持って仕事に取り組むことが重要になります。全社のCSR思考の浸透に対する施策にも力を入れ、グループ一丸となって長期ビジョンの実現を目指します。