タイのポリエステル工場でCO2排出量を削減

帝人フロンティア株式会社のグループ会社で、タイでポリエステル繊維の製造販売を手がけるテイジン(タイランド)社(以下「TJT」)は、ポリエステル繊維の工場内に環境配慮型のガスコジェネレーションシステムを導入し、タイにおいて約5,000人の年間CO2排出量に相当する約20,000トンを削減します。本年6月より同システムの導入工事を開始し、2020年7月に運用を開始する予定です。


TJTがこのたび導入するガスコジェネレーションシステムは、関西電力株式会社のタイ現地法人である関西エナジーソリューションズタイランド社より提供されるもので、天然ガスを使用し、発電廃熱を再利用することでCO2排出量の削減や省エネルギー化が可能となります。


このたびのシステム導入にあたっては、関西電力が二国間クレジット制度を活用し、TJT敷地内に低CO2排出型小規模自家発電機と吸収式冷凍機を設置することになります。


帝人フロンティアグループは、「帝人グループ地球環境憲章」および「帝人グループ地球環境行動目標」に則って、CO2や化学物質の排出量削減などに取り組んでいます。こうしたことを、持続可能な発展を目指す上で国際的に重要な課題であると考え、今回の取り組みをはじめとして、これからも地球環境保全に貢献していきます。


当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。