中国でフェブキソスタットの販売を開始

帝人ファーマ株式会社は、自社創製した高尿酸血症・痛風治療剤「フェブキソスタット」(日本販売名「フェブリク錠10mg、20mg、40mg」)について、昨年9月の輸入薬品承認取得を経て、このたび中国での販売を開始しました。


中国では、近年の経済発展に伴う生活スタイルや食生活の変化により、国民の高尿酸血症罹患率が年々上昇しています。現在の患者数は、代謝性疾患としては糖尿病に次ぐ約1.8億人に達しており、それに伴い痛風患者数も約1,500万人まで増加していると推定されています*。

* 出典:Liu R, et al. Biomed Res Int. vol. 2015, Article ID 762820 中国高尿酸血症相关疾病诊疗多学科专家共识2017


こうした状況の中、当社は、世界第2位の医薬品市場を誇り、新規高尿酸血症治療剤に対するニーズが高まっている中国での「フェブキソスタット」上市に向けて、2010年よりアステラス製薬(中国)有限公司と取り組みを続け、このたび上市に至りました。


当社は「フェブキソスタット」をグローバル戦略製品と位置づけ、既に77か国(2019年1月現在)で販売しています。今後は、アステラス製薬(中国)有限公司との連携により中国市場での普及を図るとともに、さらにグローバル展開に注力し、世界の痛風患者さんのQOL向上に貢献していきます。

製品概要

一般名・販売名 非布司他片
登録商標 FEBURIC®(菲布力)
剤形 錠剤20mg、40mg フィルムコーティング錠
効能・効果 痛風患者における高尿酸血症の長期治療
用法・用量 1日1回20mgから開始、最大用量80mg

当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。