ダイバーシティハンドブック「together2019」を発行

帝人グループは、中期経営計画において「ダイバーシティの浸透」と「働き方改革」を目標として掲げ、多様な人的資源の活用・深化による競争力向上を進めています。そして、こうした活動に関する啓発やPRの一環として、毎年ダイバーシティハンドブックを発行しており、このたび、特集「ちがいをちからに!」を中心とする2019年度版「together2019 ~それぞれの明日を創るために」を制作・発行しました。

主な内容

  1. 1.巻頭対談:「101年目の帝人」に何が必要か?
    帝人グループの101年目のスタートに際し、鈴木 純 CEOが、自身の考える多様性の受容と活用、帝人グループの持続的成長に向けたビジョンについて、経営学が専門の早稲田大学ビジネススクール准教授、入山 章栄 氏と語り合いました。その中で鈴木 純 CEOは、人財こそが会社を成長させる原動力であり、ダイバーシティの推進がワークスタイルの変革でもあることを強調しています。

  2. 2.誌上ワークショップ:「ちがいをちからにするチームビルディング」
    新規事業のプロジェクトチームのメンバー6名が、目的や目標の達成に向かい、主体的に能力や多様性を発揮しながら一丸となる、「ちがいをちからにする」チームビルディングのための3つのステップを実践し、チームがどのように変わったかを語り合いました。

  3. 3.社員発!「私たちのダイバーシティ」
    帝人グループで展開しているさまざまなダイバーシティ推進活動の中から、部署を越えた楽しい親睦会のようで、熱い勉強会でもある「ゆる~く考える会」を紹介しています。

  4. 4.データで見る帝人グループのダイバーシティ推進度
    女性新卒総合職採用数と割合、育児休職取得者数、女性社員の総数と割合・職掌別人数といったデータにより、帝人グループのダイバーシティ推進度について紹介しています。

仕様

  1. 1.体裁:A4版縦、11ページ、フルカラー
  2. 2.発行部数:13,000部(国内グループ全社員、海外グループ会社の管理者に配布)

当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。