中国初のコンポジット製ピックアップボックス

中国JMCの新型車種にコンポジット部品が採用

帝人グループで軽量複合材料製品の開発・生産・販売を手がける米国コンチネンタル・ストラクチュラル・プラスチックス(以下「CSP」)の中国合弁であるCSP-Victall(本社:中国・唐山市、社長:宋 長江)は、このたびコンポジット部品が、江鈴汽車股份有限公司(本社:中国・南昌市、社長:万 建荣、以下「JMC」)のピックアップトラック「Yuhu3」および「Yuhu5」のピックアップボックス(荷台)に採用されました。中国でコンポジット部品がピックアップボックスに使用されるのは初めてのことです。

Yuhu5

CSP-Victall は、2017年にJMCとの共同開発を開始し、JMCからの要求特性を満たすコンポジット部品の実現に向け、素材から設計、成形工程に至るまで改良を重ねてきました。このたび採用されたコンポジット部品は、CSP-Victallが独自開発したSMC*を使用することにより、スチール使用のピックアップボックスに比べて軽量性、耐腐食性、耐衝撃性に優れるほか、部材点数の削減により成形工程を大幅に短縮することができ、コスト効率の向上を実現しています。

* SMC:Sheet Molding Compoundの略。熱硬化性樹脂を繊維に含浸させ、シート状にした成形材料。


帝人グループは、「自動車向け複合材料事業の展開」を発展戦略の1つとして掲げており、今後も複合化を強みとした技術開発に一層注力し、車体軽量化のソリューションプロバイダーとしてグローバルに事業を展開していきます。


当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。