スポーツ機能素材を中心とした素材展示会

「Perfomance Days」に出展します

帝人フロンティア株式会社は、5月8日~9日にドイツのミュンヘン見本市会場で開催されるスポーツ機能素材を中心とした素材展示会「Performance Days」に出展します。(ホール:C6、展示ブース:No.I 10)

今回の出展では、着用時の快適性を追求して開発したスポーツウェア向けの高機能素材を紹介するとともに、環境負荷低減に貢献するリサイクル繊維や植物由来原料を使用した素材、非フッ素耐久撥水加工素材などを紹介します。

主な展示素材

  • デルタ®

    物性・機能・品位の高次元融合を実現した次世代型新素材です。緻密でフラットな特殊構造により、生地表面の糸の引っかかりや引きつれを防ぎ、ソフトな風合い、高耐久性、ストレッチ性、UVカット、防透性など多くの機能性を有します。

  • オクタ®CPCP

    中空糸に8本の突起を放射線状に配列した高異型特殊断面ポリエステル繊維「オクタ」を生地のパイル面に使用して、嵩高性を生み出し、中わたと裏地を一体化させたトリコット素材です。今回は春夏向けの軽量タイプを紹介します。

  • ソロテックス®

    ポリトリメチレンテレフタレート繊維を使用し、ソフトな新感触と快適なストレッチ性を有する、形態回復性、耐久性にも優れた素材です。また、構成成分の一部が植物由来のため、化石資源の消費抑制にも貢献します。今回は、日本製品に加え、新たにタイのグループ会社で開発・量産化したテキスタイルを紹介します。

  • 非フッ素耐久撥水加工素材

    フルオロカーボンフリーの地球環境にやさしい耐久撥水加工を施した、「デルタ」「カラット」「フリーモPRO」などの主要素材を提案します。

    フルオロカーボンは、炭化水素の水素原子をフッ素原子で置換した化合物の総称で、地球温暖化係数(GWP)が大きく、京都議定書で定める温室効果ガスの1つとされています。また、フルオロカーボンに含まれるフッ素は、蓄積すると人体や環境に影響を及ぼす可能性がある化学物質とされています。


当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。