共同開発したファンジャケットが順調に伸長

帝人株式会社は、株式会社マキタと共同開発した内圧式ファンジャケットを昨年より展開していますが、今年はさらに新たなデザインを加え、ラインナップを拡充しました。

マキタ社製ファンジャケット(左:袖あり、右:袖なし)
デサントジャパン社製ファンジャケット

(製品名:「空流JAC(クウルジャック)」)


両社が昨年共同開発したファンジャケットは、2層構造の生地の間に外気を取り込み、ジャケット全体に空気を循環させるという内圧式クーリング構造により、従来にはないベストタイプのデザインを実現しました。これに加え、今年はユーザーの使用場面に合わせ、袖の部分の取り外しを可能にした2WAYタイプと、全身に風が流れるツナギタイプの2種類を新たに開発し、ポケット内でバッテリ操作ができるよう、ジャケットの内側から左右ポケットに電源ケーブルを通せる構造としました。また、迷彩柄などのカラーバリエーションを増やすとともに、5L~7Lといった大型サイズをラインナップし、さらにフルハーネス安全帯や草刈り機などの使用に対応したタイプなど、より使用者のニーズに合わせた仕様を取り揃えています。


これらのファンジャケットは、展開開始以来、順調に採用が拡大しており、今年は、デサントジャパン株式会社からスポーツアパレル分野に向けて販売開始される他、ユニフォーム分野でも、物流・建設業の池田興業株式会社などに採用されるなど幅広く広がっており、今年は昨年比4倍以上の販売を見込んでいます。


当社は働き方改革の一環として、各企業の労働環境の改善に向けて今後も労働現場のニーズを追求し、未来の社会を支えるソリューション提供に取り組んでいきます。


当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。