アジア最大のプラスチック見本市

「チャイナプラス2019」に出展します

帝人グループは、5月21日(火)~24日(金)に広州中国进出口商品交易会琶洲展館(中国・広州市)で開催されるアジア最大のプラスチック見本市「チャイナプラス2019」に出展します。(ブース番号:B区ホール11.2K41)


20回目となるこのたびの出展では、「帝人グループの技術と素材、およびこれらを組み合わせた部材の活用によるソリューション提案」「自動車の軽量化、高性能化に貢献し、マルチマテリアル部品を実現する高機能素材の紹介」をテーマとして、様々な製品や取り組みを紹介します。また、昨年も好評を得たブース内での樹脂セミナーも開催することにしており、帝人グループの優れた加工技術や、部品提供型のソリューションビジネスについてアピールします。

主な展示内容

  • ポリカーボネート樹脂製ピラーレスフロントウィンドウ

    特殊なコーティング技術で高い耐摩耗性と優れた耐候性を付与したことにより、世界で初めて、樹脂製のフロントウィンドウとして市販車に採用されました。車体の軽量化に加え、視認性向上による安全確保や爽快なドライビングにも寄与します。

  • 透明性と難燃性を両立した水性塗料

    大日技研工業株式会社、大丸工業株式会社と共同開発した「ランデックスコート 難燃クリア」は、ノンハロゲンアクリル系水性塗料としては世界で初めて、高い透明性と難燃性の両立を実現した製品です。木材だけでなく、紙、繊維、プラスチックなどの表面に塗布するだけで、自然な風合いを維持しながら、高い難燃性を付与することができます。

  • 炭素繊維「テナックス®」を使用した熱可塑性複合材料

    市場の拡大が見込まれる自動車・航空機用途、エレクトロニクス用途などに向けて、当社のポリカーボネート樹脂「パンライト」などの各種熱可塑性樹脂を母材に用いたプリプレグおよびその成形品を紹介します。


当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。