防護用途向け素材・製品の国際見本市

「Safe@Work 2019」に出展します

帝人グループのタイ国現地法人であるテイジン・コーポレーション(タイランド)は、7月4日~6日にタイのバンコク国際貿易展示場で開催される「Safe@Work 2019(セーフ・アット・ワーク2019)」に出展し、アラミド繊維とその織物、および製品である消防服などを紹介します。(展示ブース:ホールE101-E102 ブースNo.S19)


今年で33回目の開催となる「Safe@Work」は、防災・防護用途向けの素材・製品を一堂に集めたタイ最大の国際見本市で、毎年100社以上の企業が出展しています。


中期経営計画において「安心・安全・防災ソリューション」を重点領域の1つとしている帝人グループは、自社の高機能素材や長年培ってきた技術・ノウハウを活かし、防災・防護に携わる方々の作業安全性の向上や人々の安心な生活に貢献するソリューションを提案していきます。

主要プロモート素材

  • メタ系アラミド繊維「コーネックス®

    作業する方々の安全確保と快適性向上に向けて、高い耐熱性や難燃性に加え、軽量性や吸汗速乾機能などを有する織物を、消防服、作業服などの防護用途に広く展開しています。


  • メタ系アラミド繊維「Teijinconex® neo」(コーネックス・ネオ)

    世界最高レベルの優れた熱防護性とともに高い染色性を持ち、後染め加工ができるため小ロット需要への対応が可能です。防護用作業服に向けて展開しています。

  • パラ系アラミド繊維「トワロン®

    強度、弾性、耐衝撃性、寸法安定性などに優れ、防弾チョッキ、防護服、補強材などの用途に展開しています。


なお、7月5日(金)14:30~16:00に、会場内の「グランドホール203」で開催される一般繊維製品の火災事故防止に関するセミナーにおいて、テイジン・コーポレーション(タイランド)の営業部長であるSomkid Rattanaprapaporn(ソムキッド・ラタナプラパポーン)が、タイにおけるワークウェアの安全品質向上を目指した取り組みについて講演を行います。



当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。