Teijin Holdings USA社長が 米国商務省の投資諮問委員会の委員に選任

帝人グループ米州総代表で、米国持株・統括会社Teijin Holdings USA Inc.(ニューヨーク州、以下「THUS」)の社長である ジェーン・トーマス が、このたび、米国商務省の投資諮問委員会(Investment Advisory Council、以下「IAC」)の委員に選任されました。


IACは、海外から米国内への直接投資を誘致・維持するための戦略やプログラムを開発し、その実行について商務長官に助言する役割を担っており、各地域・州の経済開発機関、さまざまな産業、企業、協会などを代表する人物が委員として選任されます。


ジェーン・トーマス は、帝人グループ米州総代表およびTHUS社長としてこれまでに取り組んできた米国への新規投資に関する活動や経験を活かし、IAC委員としての2年間の任期中、同委員会の活動に積極的に関与していきます。


帝人グループは、今後も米国内における生産能力増強などの投資を継続し、米国経済の発展、新規雇用創出などに貢献するとともに、米国における自動車産業および航空・宇宙産業向け事業の一層の拡大を目指します。

【 参考 】当社による近年の主な米国への投資実績

2017年 コンチネンタル・ストラクチュアル・プラスチックス社(英語)(Continental Structural Plastics Holding Corporation、ミシガン州)買収
*軽量複合材料製品の生産・販売・技術開発企業の買収
2018年 テイジン・カーボン・ファイバーズ設立
*炭素繊維製造工場の新設(サウスカロライナ州、2020年度中に稼働予定)
2019年 レネゲード社(英語)(Renegade Materials Corporation、オハイオ州)買収
*航空・宇宙用途向け高耐熱熱硬化プリプレグメーカーの買収


当件に関するお問い合わせ先

帝人(株) コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。