プロダクティブ・エイジングの実現に向けて

JALデジタルエクスペリエンス社と提携

帝人グループでニュートラシューティカル*1製品の販売を手がけるNOMON(株)が、JALデジタルエクスペリエンス株式会社と提携し、同社が新たに創設する会員組織「CLASS EXPLORER(クラス・エクスプローラー)」向けのサービスを共同で開始することとしました。

*1 人々の日々の健康維持に有用である科学的根拠をもつ食品・飲料の総称。

JALデジタルエクスペリエンス株式会社は、2019年2月に日本航空株式会社と株式会社野村総合研究所が設立した合弁会社で、同社がサービスの第1弾として創設した会員組織「CLASS EXPLORER」は、「知的好奇心を失わず、未知の体験を求めて旅するエクスプローラー(冒険者)に、人生を豊かにする新しい体験を提案する」ことをコンセプトとして、JALが得意とする旅を基軸に、パートナー企業との連携により新しい体験型サービスを提供することを目指しています。

一方、NOMON(株)は、「加齢に伴う老化の制御」をテーマとして、帝人グループがヘルスケア事業で培った知見を応用して生み出したニュートラシューティカル製品を活用し、多くのパートナーとの協業を通じて世の中のQOL向上につながる新たな価値を創造することで、「プロダクティブ・エイジング*2」の実現を目指しています。

*2 Robert N. Butler(ILC米国センター理事長)が提唱した「高齢者を社会の弱者や差別の対象として捉えず、老いてこそ、社会にとってより必要な存在となる」とする概念。

このたびの提携は、お互いの理念への賛同から、NOMON(株)のニュートラシューティカル製品とJALデジタルエクスペリエンス株式会社のサービスとを掛け合わせることで、より多くの人が自分らしい人生を全うするための様々なつながりや体験を提供できると考え、実現しました。今後は両社の連携により、「プロダクティブ・エイジング」につながる魅力的なサービスの開発に取り組んでいきます。

帝人グループのヘルスケア事業は、一人ひとりが生まれてから最後の日を迎えるまで人生を支えることを目指しており、今後もNOMON(株)が提供するニュートラシューティカル製品を通して、世界中の人々のQOL向上に貢献していきます。


当件に関するお問い合わせ先

帝人(株) コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。