世界最大のコンポジット展示会

「JECワールド2019」に出展します

帝人グループは、3月12日~14日にパリで開催される「JECワールド2019」に出展します。 本展示会は、世界中に550,000名以上の会員を持つ世界最大の複合材料関連団体であるJECグループが毎年開催しているもので、今回の出展では、新たにグループに加わったイナパル・プラスティコ社およびジーグラー社を含む、当社の高機能マテリアルや複合成形材料を一堂に集めて紹介し、さらなる用途開拓を図ります。 主な出展内容は次のとおりです。(出展ブース:hall 6, G28 & J28)

複合成形材料

  • 熱可塑性炭素繊維複合材料(CFRTP)「Sereebo®(セリーボ)」

    自動車部品などの量産対応に向けて、世界初の「1分間の製造タクトタイム」を実現した革新的なCFRTP。フロントバルクヘッドや、衝突時の衝撃吸収部材などを紹介します。

  • 超軽量複合成形部材

    高い耐衝撃性や耐腐食性に加えてコスト効率にも優れる成形材料。クラスAと称される金属と同等の美麗な外観を実現し、高い耐熱性が求められる電着塗装(E-Coat)工程にも適応可能な自動車部品や、構造部材やEV向けバッテリーケースなどへの採用例を紹介します。

高機能マテリアル

  • 炭素繊維「テナックス®」

    強度や弾性率などの機械特性に優れる炭素繊維。熱硬化性、熱可塑性コンポジットの補強素材として、航空宇宙、自動車、一般産業、スポーツ用途などで幅広く使用されています。

  • 高耐熱・高耐衝撃プリプレグ

    BMI系樹脂の特性である優れた耐熱性を維持しながら、高い耐衝撃性を兼ね備えた新規プリプレグ。航空機のエンジン関連部材など、高温かつ過酷な状況下で使用される用途に向けて展開していきます。

  • パラ系アラミド「トワロン®」「テクノーラ®」、高機能ポリエチレンテープ「Endumax®」

    高強度で、高い省エネ効果、環境負荷低減効果を発揮するバラ系アラミドと、耐薬品性に優れ、同じ重量の鉄に比べて11倍の強度を有する高機能ポリエチレンテープ。「トワロン」と炭素繊維「テナックス」を組み合わせたコンポジットで補強したヘリコプター座席などを展示します。

  • 不織布「HACOloft®」

    通気性に優れ、複雑な形状への対応や、滑らかでドレープ性のある表面加工が可能な高機能不織布。芯材にポリプロピレン樹脂を用いたタイプは、樹脂が不織布内に均一に分散されており、大型部品の一体成型にも対応可能です。自動車、風力発電、船舶、建築など、幅広い分野で採用されています。


当件に関するお問い合わせ先

帝人株式会社 コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。