スーパーマーケットから食卓への浸透を加速

家庭向けスーパー大麦自社商品の販売を開始

帝人(株)(本社:大阪市北区、社長:鈴木 純)は、自社展開しているスーパー大麦「バーリーマックス®」をより多くの食卓に浸透させることを目的として、家庭向けの新商品「スーパー大麦のちから」を開発し、自社商品として初めて、イトーヨーカ堂やヤオコーなどの全国のスーパーマーケットで販売することとしました。


当社は、2016年7月に「バーリーマックス®」を用いた自社商品としてグラノーラなどを発売し、ECサイトで販売してきましたが、ECサイトのみでは消費者との接点が限定されるという課題がありました。そこで、「バーリーマックス®」のさらなる普及には、実際の店舗で商品を手に取ってもらう機会を増やすことが必要との判断から、このたび全国のスーパーマーケットでの小売展開を開始することとしました。

新たな自社商品である「スーパー大麦のちから」は、白米と合わせて炊く商品で、1袋に120g(約10合分の白米との炊き合わせに適当な量)の「バーリーマックス®」が入っています。1日当たりの「バーリーマックス®」の推奨摂取量である12gを約50円という手頃な価格で摂取でき、生活者の食生活への浸透が期待できる商品となっています。

当社は、一人ひとりが生まれてから最後の日を迎えるまでの人生を支えることを目指しており、今後も生活者のニーズに応える商品の開発に取り組むことで、世界中の人々のQOL向上に貢献していきます。

新商品の概要

製品名 「スーパー大麦のちから」
内容量 120g
希望小売価格 498円(税抜)
販売方法 全国のスーパーマーケット、 および楽天、AmazonなどのECサイト


当件に関するお問い合わせ先

報道関係のお問い合わせ先
帝人(株) コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


製品に関するお問い合わせ先
帝人(株) 機能性食品素材事業推進班
03-3506-4129


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。