航空機の進化・未来を支えるテイジンの炭素繊維を訴求

「DAKE JA NAI」シリーズの新CMを放映開始!

帝人(株)(本社:大阪市北区、社長:鈴木 純)は、企業広告「DAKE JA NAI」シリーズの新たなテレビCMとして、「DAKE JA NAIエアライン」篇を制作しました。この新CMは10月15日(火)より放映を開始します。


「DAKE JA NAIエアライン」篇では、帝人グループの炭素繊維複合材料が「エアバスA350」などの航空機の構造材に使用されていること、機体の軽量化、CO2排出量削減といった環境性能や、安全性、快適性の向上などをもたらす技術革新に貢献していることを、航空機や炭素繊維をモチーフにした映像や印象的な音楽に乗せて訴求します。

「DAKE JA NAI」シリーズについて

  1. 1.「DAKE JA NAI」シリーズは、「だけじゃない。テイジン」をキャッチフレーズとして、帝人グループの企業姿勢や価値観、事業内容などを伝える企業広告です。2016年10月より展開しており、このたびの新CMが6作目となります。
  2. 2."DAKE JA NAI"という言葉は、「テイジンは製品・サービスを提供しているだけじゃない。未来の社会に向けて価値を提供していく」という、帝人グループが目指す姿を表現しています。
  3. 3.さらに、"DAKE JA NAI"は、自分の「無限の可能性を信じ挑戦する」言葉、さまざまな考え方やあり方など「多様性を受け容れる」言葉として、帝人グループ内のみならず、広く社会からも共感を得て、合言葉のように口にしていただけることを期待しています。

新テレビCMについて

このたび制作した新CMは、「DAKE JA NAIエアライン」篇、30秒1タイプです。

  1. 1.映像について
    「DAKE JA NAIエアライン」のエアバスA350のミニチュアが飛来し、キャビンアテンダント(CA)の手のひらの上に着陸します。そして、再び飛び立ち、炭素繊維でできた海の上を飛行。するとCAも空を飛び、実物大に変化したエアバスA350と近未来のような都市の上空を並んで飛行します。高度を上げ、雲を突き抜けると、今度はCAが大きくなっていて、機体の上に腰かけて登場します。

  2. 2.「エアバスA350」との関連
    エアバス社の最新鋭中型機「A350XWB(エクストラ・ワイド・ボディ)」には、当社の熱可塑性炭素繊維複合材料(CFRTP)「テナックス®TPCL」(TPCL:Thermo Plastic Consolidated Laminates)が使用されています。高耐熱熱可塑性樹脂であるPEEK樹脂を使用したCFRTPとしては、世界で初めてエアバス社製の航空機の一次構造材に採用されました。
  3. 3.キャストについて
    「DAKE JA NAI」シリーズのテレビCMでは、一昨年より女優「上白石 萌歌」さんがメインキャストを務めています。日本テレビのドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です-」や、NHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」に出演し、TBSのバラエティ番組「A-Studio」では11代目サブMCを務めるなど、テレビ、映画、舞台などで幅広く活躍しています。
  4. 4.音楽について
    「DAKE JA NAI」シリーズを通じて使用しているオリジナル楽曲「DAKE JA NAI SAMBA」の歌詞やアレンジを変えた、「空飛ぶDAKE JA NAI SAMBA」を制作しました。今回はスキャット風にアレンジし、メインヴォーカルも「上白石 萌歌」さんが担当しています。

新テレビCMの展開

  1. 1.テレビ
    10月15日(火)より、提供番組である日本テレビ系「ザ!世界仰天ニュース」(毎週火曜日21:00~21:54)や、協賛イベント「全国高校サッカー選手権大会」の中継番組を中心に放映されます。
  2. 2.ウェブサイト
    本日より、特設ウェブサイト「DAKE JA NAI」でCM動画をご覧いただけます。
    「DAKE JA NAI」ウェブサイト(PC・スマートフォン共通)

    二次元コード

当件に関するお問い合わせ先

帝人(株) コーポレートコミュニケーション部
03-3506-4055


掲載されている情報は、発表日現在のものです。
その後、内容が変更になっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。