社会貢献

グループ全体で推進する社会貢献

基本姿勢

企業理念で掲げている「社会と共に成長します」「社員と共に成長します」を実践するため、事業グループや事業所の個性を生かした社会貢献活動を通じて地域コミュニティ発展を支援しています。加えて、グループ横断的な活動にも取り組みながら、ボランティア人財の育成が活性化するような企業文化の醸成に努めています。

企業行動規範

3.社会への貢献と地域コミュニティ発展への支援

帝人グループは、事業活動を通じて拠点を置く国・地域の経済社会の発展に貢献する。さらに、社会との共存、共栄を図る立場から、良き企業市民として適切な社会貢献活動を行う。主として、学術、教育、文化、スポーツ活動や環境保全活動、および災害などに対する防災、救援活動への参画、支援を積極的に行う。

帝人グループ社会貢献基本方針

  • 1
    社会貢献活動は、帝人グループの企業理念の追求ならびに行動規範の実践として位置づける。
  • 2
    事業特性や地域性を尊重した社会貢献活動を積極的に行う。
  • 3
    社員のボランティア活動を推奨し、ボランティア人財育成のための支援を行う。
  • 4
    グループ横断的活動としての社会貢献は、「環境」「国際交流」「社会教育」を重点分野とする。
  • 5
    自然災害発生の際の義援金等人道的目的の寄付については、必要に応じて実施する。

帝人グループの社会貢献活動推進体系

帝人グループは、企業行動規範に基づき「学術・教育」「文化」「スポーツ活動」「環境保全活動」「防災活動」の観点から、事業グループや事業所ごとに社会貢献活動を推進しています。

また、コーポレートコミュニケーション部(2017年4月1日からCSR企画推進部)が中心となって、社員が気軽に取り組めるグループ横断的な社会貢献プログラムを提案するほか、ボランティア活動を支援しています。これらの取り組みを通じて、主体的に社会貢献活動に参加し、推進できる人財を育成しています。

2016年度の社会貢献活動支出実績

2003年度に日本経団連の1%クラブに登録して以降、経常利益の1%以上を目標として社会貢献費用に充てています。2016年度の社会貢献活動支出は約9億円で、経常利益の1.6%でした。

2016年度社会貢献活動支出実績保証対象指標

総額約9億円のうち75.4%を学術・研究、4.6%を健康・医学、スポーツ、4.1%を地域社会の活動、史跡・伝統文化保全、4.2%を教育・社会教育、4.0%を環境、3.5%を社会福祉・ソーシャル・インクルージョン、4.2%をその他で使用。

  • *
    グラフの内訳は、帝人グループが登録している日本経団連の1%クラブにおける分野に準じています。

2016年度社会貢献活動支出実績内訳保証対象指標

項目 内容 金額(百万円)
金銭 社会貢献活動に関わる寄付金および経費として支出したもの 718
現物寄付 自社製品の社会福祉団体への提供など、現物で提供したもの 10
施設開放 体育館やグラウンドの一般開放など、自社施設の開放・提供に関わる経費 37
社員の参加・派遣 社員が業務の一環として地域行事に参加する、講演会での講師を務めるなど、勤務時間内に社会貢献に類する活動に参加した社員の人件費など 126
合計   890
  • 国内外グループ会社実績、日本経済団体連合会「2016年度社会貢献活動実績調査実施要領」に準拠。