社会・環境(CSR)

社会貢献

グループ全体で推進する社会貢献

基本姿勢

企業理念で掲げている「社会と共に成長します」「社員と共に成長します」を実践するため、事業グループや事業所の個性を生かした社会貢献活動を通じて地域コミュニティ発展を支援しています。加えて、グループ横断的な活動にも取り組みながら、ボランティア人財の育成が活性化するような企業文化の醸成に努めています。

行動規範

Integrity

私たちは、法令・規則を遵守し、人権および地域コミュニティを尊重して、誠実に行動します。

帝人グループ社会貢献基本方針
  1. 1.社会貢献活動は、帝人グループの企業理念の追求ならびに行動規範の実践として位置づける。
  2. 2.事業特性や地域性を尊重した社会貢献活動を積極的に行う。
  3. 3.社員のボランティア活動を推奨し、ボランティア人財育成のための支援を行う。
  4. 4.グループ横断的活動としての社会貢献は、「環境」「国際交流」「社会教育」を重点分野とする。
  5. 5.自然災害発生の際の義援金等人道的目的の寄付については、必要に応じて実施する。

帝人グループの社会貢献活動推進体系

帝人グループは、企業行動規範に基づき「学術・教育」「文化」「スポーツ活動」「環境保全活動」「防災活動」の観点から、事業グループや事業所ごとに社会貢献活動を推進しています。

また、CSR企画推進部が中心となって、社員が気軽に取り組めるグループ横断的な社会貢献プログラムを提案するほか、ボランティア活動を支援しています。これらの取り組みを通じて、主体的に社会貢献活動に参加し、推進できる人財を育成しています。

2017年度の社会貢献活動支出実績

2003年度に日本経団連の1%クラブに登録して以降、経常利益の1%以上を目標として社会貢献費用に充てています。2017年度の社会貢献活動支出は約7.5億円で、経常利益の1.1%でした。

2017年度社会貢献活動支出実績保証対象指標

2017年度社会貢献活動支出実績
  • *グラフの内訳は、帝人グループが登録している日本経団連の1%クラブにおける分野に準じています。

2017年度社会貢献活動支出実績内訳保証対象指標

項目 内容 金額(百万円)
金銭 社会貢献活動に関わる寄付金および経費として支出したもの 599
現物寄付 自社製品の社会福祉団体への提供など、現物で提供したもの 7
施設開放 体育館やグラウンドの一般開放など、自社施設の開放・提供に関わる経費 40
社員の参加・派遣 社員が業務の一環として地域行事に参加する、講演会での講師を務めるなど、勤務時間内に社会貢献に類する活動に参加した社員の人件費など 107
合計   753
  • 国内外グループ会社実績、日本経済団体連合会「2017年度社会貢献活動実績調査実施要領」に準拠。

地域コミュニティ発展への支援

学術・教育

日本および中国での奨学金制度

帝人グループは、日本における化学繊維工業のパイオニアである久村清太氏の偉業を称え、独創的な研究開発精神の継承発展と、国家・社会の発展と文化創造に貢献する若き科学技術者の育成を目的として、1953年に「帝人久村奨学金」を創設しました(2011年より「(公財)帝人奨学会」に改組)。民間企業としては日本初の奨学金制度であり、これまでに1,600人以上の技術系学生を支援してきました。

また、2010年6月には、中国での奨学金制度も創設しました。給付額は1人当たり年間8,000元で、返還義務はありません。給付対象は、北京大学、清華大学、復旦大学、上海交通大学の技術系修士課程在籍者です。2017度は、2016度に引き続き36人に奨学金を給付しました。

「南通帝人愛心慈善助学基金」の創設

帝人グループの中国におけるテキスタイル製造・販売拠点である南通帝人有限公司 は、2014年4月に江蘇省南通地区の中学・高校・大学に通う学生を対象とする奨学基金「南通帝人愛心慈善助学基金」を創設しました。
この基金は、南通地区への貢献と、同地区の学生への経済的助成を目的としたもので、一般企業名を冠した南通開発区初の基金となります。2017年度は25人に対し、返済義務なしで1人当たり年間720元を支給しました。

「科学の甲子園 全国大会」に協賛

科学の甲子園は、産官学一体となった科学技術系人材の育成を目的に国立研究開発法人科学技術振興機構が2011年度に創設したものです。2010年のノーベル化学賞受賞者で、帝人(株)のOBでもある根岸英一氏(米国・パデュー大学特別教授)が応援団長を務めています。

「帝人賞」表彰の様子(三重県立伊勢高等学校に授与)

帝人グループは2011年度より高校生向けの「科学の甲子園」と2013年度から新たに創設された中学生向けの「科学の甲子園ジュニア」に協賛し、ダイバーシティ推進に注力している企業として、女性生徒の比率が高いチームの中で最も優秀な成績を収めたチームに「帝人賞」を授与しています。

「キャリア甲子園2017」に協賛

2017年4回目を迎えた「キャリア甲子園」は、日本全国で開催される高校生向けのビジネスコンテストで、高校生同士が自由にチームを組み、2023年のビジネスを考えます。2017年は723チーム3,014人が参加し、それぞれのビジネスモデルを競い合いました。帝人グループは、2015年度より本コンテストに協賛しており、当社から出題したテーマ「ITを駆使した少子高齢化・健康志向ソリューションを考えよう!」にも多くの高校生が挑戦してくれました。

「ジェンダーサミット 10」に協賛

「ジェンダーとダイバーシティ推進を通じた科学とイノベーションの向上」を目的とする国際会議「ジェンダーサミット10」が2017年5月25日・26日に日本で初めて開催され、ダイバーシティを推進する帝人グループは、その趣旨に賛同し、協賛しました。

イノベーション研究の質の向上のために性差を重要な要因と捉え、研究開発のあるべき姿を議論するこの国際会議には、23カ国から研究者、企業関係者、学生など約600人が参加しました。

スポーツ活動

「全国高校サッカー選手権大会」に協賛

「©高校サッカー年鑑」

帝人グループは、1991年より「全国高校サッカー選手権大会」に協賛しており、1996年からは、各都道府県の代表校に、人工皮革「コードレ」を使用したサッカーボールを寄贈しています。 90年の歴史があり、日本代表選手や有名選手を多数輩出している当大会への協賛により、帝人グループの企業理念に基づく社会・地域貢献につなげています。

日本サッカー協会と協働人財育成拠点を創設

帝人グループと公益財団法人日本サッカー協会(以下 JFA)は、2015年6月1日に、協働人財育成拠点の創設について合意し、帝人(株)の富士教育研修所を活用し、新たな協働人財育成拠点を創設しました。 「富士教育研修所」を改修し、JFA専用スペースを設置するとともに、国際規格に準拠した人工芝サッカーグラウンドを造成し、施設の名称を「帝人アカデミー富士」と改称しています。 JFAは「JFAアカデミー福島」女子事業を「帝人アカデミー富士」内に移設するほか、選手、指導者などの強化・育成の拠点として活用していきます。

東南アジアのサッカー少年少女の夢をサポート

Teijin Polyester(Thailand)は、2012年から一般社団法人Japan Dream Football Association(JDFA)のオフィシャルスポンサーをしています。 JDFAは、ガンバ大阪の元キャプテンである木場昌雄さんが2011年に設立した組織で、東南アジア諸国におけるサッカークリニック開催などの活動を通じて、未来ある子どもたちに夢を与えるとともに、日本とアジアのサッカーの発展を目指しています。

環境

小学校で出前授業を実施

帝人(株)は、一般財団法人グリーンクロスジャパンが展開する小学生を対象とした環境教育プロジェクト「環境日記」に協賛していますが、その連携をさらに発展させて、2014年度より小学校への出前授業を実施しています。

2017年度は、新宿区の小学校2校の5・6年生を対象に出前授業を実施。自動車への適用事例を通じて、炭素繊維の特長や、軽量化への貢献について紹介するとともに、製品サンプルを実際に手に取ってもらい、炭素繊維の強さ、燃えにくさなどを体感してもらいました。

「エコプロ2017」で環境教育を実施

帝人グループは、国内最大級の環境展示会である「エコプロ2017」に出展し、ブース内で環境授業を実施しました。使用済みペットボトルがポリエステル繊維にリサイクルされるまでの工程を、実際にサンプルを触りながら学べるようにし、リサイクルの大切さやペットボトルを回収する際の注意点を実感してもらいました。

「野鳥の定点観測会」を開催

帝人(株) 岩国事業所は公益財団法人日本野鳥の会の方々に協力いただき、調整池の安全性と生物多様性における意義を確認するとともに、環境への関心を深めるため、「野鳥の定点観測会」を毎年行っています。
2017年度は、2018年1月13日に実施し、7年ぶりに観測されたツグミをはじめ、13種類300羽以上の野鳥を観測しました。帝人(株)の環境保全活動の成果として、高い水質が維持されていることが確認されています。

ボランティア人財の育成

グループ横断的活動

ボランティアサポートプログラムの推進

2011年6月、「ボランティアサポートプログラム」を創設しました。このプログラムは、国内グループ社員が取り組むボランティア活動の中から運営委員会が支援先を選定し、社員・役員有志や会社の寄付などからなる「帝人グループ社会貢献基金」を通じて活動費用を一部サポートするというものです。

子どもセンターあさひ
見沼ファーム21

2017年度は、下記13カ所の非営利団体に活動資金を寄付しました。

  • 「土ようおはなし会」(4万円)
  • 「特定非営利活動法人 子どもへのまなざし」(8万円)
  • 「一般社団法人 日本水墨画美術協会」(10万円)
  • 「特定非営利活動法人 子どもセンターあさひ」(10万円)
  • 「特定非営利活動法人 松山自殺防止センター」(10万円)
  • 「セミの抜け殻しらべ市民ネット」(5万円)
  • 「日野の自然を守る会」(5万円)
  • 「発達に遅れのある子の保育・療育支援にじの会」(10万円)
  • 「特定非営利活動法人 日本ガラパゴスの会」(10万円)
  • 「特定非営利活動法人 見沼ファーム21」(10万円)
  • 「日本自然保護協会 自然観察指導員 東京連絡会」(5万円)
  • 「帝人サッカースクール」(10万円)
  • 「公益社団法人 大阪自然環境保全協会」(3万円)

「絵本を贈る活動 ~book dream project~」を実施

移動図書館の絵本を読む少女

国内グループ社員から提供された古本などを換金して日本の絵本を購入し、外国の図書館に寄贈する「ブック・ドリーム・プロジェクト」を2008年度から継続して行っています。寄贈に当たっては、社員有志が翻訳した文章を絵本に貼り付けています。2017年度はインドネシアの図書館に36冊を寄贈しました。また、公益社団法人シャンティ国際ボランティア会を通じて、タイの図書館に換金額のうち51,000円を寄付しました。

環境フォトコンテストを開催

帝人グループは、社員が環境について考えるきっかけづくりとして、自然環境を被写体とするフォトコンテストを実施しています。2017年度は「変わりゆく地球」をテーマに作品を募集し、地球が見せる豊かな表情を切り取った作品の中から、帝人グループ社員のウェブ投票による各賞と、CSR管掌特別賞を選出しました。

金賞作品「ここは現世?」
銀賞作品「夜の鏡に映る紅葉」
銀賞作品「ハンターの一休み」
特別賞「12月のデリー近郊」

開発途上国の子どもたちの学校給食を支援

帝人グループは、2011年度から社会貢献運動「TABLE FOR TWO」に参加しています。松山事業所で活動を開始し、岩国事業所および東京研究センターで導入しています。

社員食堂で寄付金付きメニューを購入すると、1食につき20円が開発途上国の学校給食事業に寄付されます。また、寄付金付きメニューは栄養とカロリーのバランスが考慮されており、肥満や生活習慣病の予防にも役立ちます。

東日本大震災被災地への支援

東日本大震災の被災地に対して、義援金や毛布・マスクなど生活支援物資の提供、および酸素ボンベや酸素濃縮装置など在宅医療機器の無償提供など、総額5億円以上の支援を行ってきました。

また、事業活動を通じて、継続的な復興支援にも取り組んでいます。 IT事業グループのインフォコム(株)は、2013年、宮城県岩沼市に多目的施設の岩沼「みんなの家」を開設し、ITを活用した農業の復興支援と、復興支援を継続するための事業の創出を行っています。 帝人フロンティア(株)は、2015年4月に大妻女子大学と共同で、汗をかいても快適に過ごすことができるポリエステル高機能素材「エコピュアー」を使用した高機能Tシャツ700枚を、被災した児童に寄贈しました。帝人フロンティア(株)では、2015年度より東日本大震災の復興支援の一環として福島県の安達太良山を舞台に開催されている世界的なウォーキングイベント「オックスファム・トレイルウォーカー」に協賛しています。

仮設住宅のカビ対策実証試験
岩沼「みんなの家」

熊本地震被災地への支援

2016年4月に発生した熊本地震の被災地に対して、義援金や自社製品の支援物資の支援を行っています。

支援物質

  • あったかすっぽりケット: 600枚
  • 軽量あったか毛布(「V-LAP」使用):600枚
  • 吸水パット(「ベルオアシス」使用):20,000枚
  • 不織布マスク:52,250枚
  • ブランケット(「コーネックス」使用):100枚
  • 避難所の間仕切り用生地:約1,000m