環境経営

2007年に「環境経営宣言」を発表し、さまざまな環境問題に取り組んでいます。

基本姿勢

帝人グループは、合成繊維、化成品、医薬医療など、多岐にわたる事業をグローバルに展開していることから、事業活動に伴う地球環境への負荷は少なくありません。
したがって、帝人グループでは、1992年に「帝人グループ地球環境憲章」を宣言、2007年に「環境経営宣言」を発表し、グループの事業活動が環境に及ぼす影響を認識し、さまざまな課題解決に向けた成果を積み重ね、安全の確保を基盤としながら「低炭素」「循環」「自然共生」社会を目指して、社会と企業の持続可能な発展を実現していきます。
 

行動規範

Environment , Safety & Health

私たちは、事業活動にあたり、地球環境、安全、健康を最優先します。

帝人グループ地球環境憲章

帝人グループは持続的発展が可能な社会を希求し、企業理念の一つである「地球環境との共生を図り、自然と生命を大切にします」を実現するため、

  • 1.
    資源・エネルギーの有効活用と環境負荷の低減を推進し、地球環境の保全に努めます。
  • 2.
    地球環境に配慮した科学技術の向上を目指し、環境負荷を低減させる製品・サービスを社会に提供します。
  • 3.
    グループ社員の教育・啓発や、事業活動を展開する地域社会との協力を通して、地球環境の保全を目指す社会的な活動に積極的に参加します。

(1992年12月制定、2007年7月改定)

環境経営の取り組み

帝人グループは、企業理念に掲げる「地球環境との共生を図り、自然と生命を大切にします」を実現するため、環境経営を積極的に推進してきました。帝人グループでは、環境経営を「原料調達から生産、製品の使用、廃棄まで、あらゆるプロセスを含む製品のライフサイクル全体で環境負荷を低減させる経営」と考え、経営戦略との統合を図り、環境価値ソリューションの提供、環境負荷の低減、生物多様性の保全、環境教育・コミュニケーションを推進しています。省エネルギーやさまざまな資源の効率的活用、化学物質の環境排出量削減、廃棄物の管理・削減などに重点的に取り組んでいます。