研究開発

リチウムイオンバッテリーセパレータ

耐熱性、接着性に優れる「LIELSORT®(リエルソート)」

タブレットPCや電気自動車の普及に伴い、リチウムイオンバッテリー(LIB:Lithium Ion Battery)では高容量化、高エネルギー密度化の必要性が見込まれています。そこで、正極と負極を絶縁し、ショートによる異常発熱を防止する、より安全性が高く、高電位に耐えうる高機能セパレータの開発が求められています。

円筒型LIB

ラミネート型LIB

「LIELSORT®(リエルソート)」

こうした中、テイジンは世界で初めてポリエチレン基材にメタ系アラミドやフッ素系化合物をコーティングすることで、耐熱性や電極との接着性などの優れた性能を備えた革新的なセパレータ「LIELSORT(リエルソート)」を開発しました。

出力20%向上に加え、長寿命化を実現可能に

メタ系アラミド「コーネックス」をコーティングしたセパレータは、250℃でも形状を維持し、スポット加熱試験では400℃でも破膜しないことが実証されています。これにより、LIBの恒久的な異常発熱を防止し、高い安全性を有したLIBを製造することができます。

一方、フッ素系化合物をコーティングしたセパレータは、近年爆発的に普及しているタブレットPCやスマートフォンなどに使用される、パウチ型LIB向けに開発されたもので、電極との接着性に優れています。これにより、パウチ型の課題であったセパレータ周囲からの電解液漏洩を防止することが可能となり、より信頼性が高く、長寿命のLIBを製造することができます。

さらに、この2種の革新的セパレータ「LIELSORT(リエルソート)」は、高い耐酸化性や電解液との高い親和性(濡れ性)を有していることから、従来のLIBに比べて出力が20%程度向上するとともに、高電位正極との組み合わせにより、従来のセパレータに比べて数倍程度の長寿命化を実現することが可能です。

革新的セパレータ「LIELSORT®(リエルソート)」の機能性