一気にテイジン早わかり
そもそも、テイジンって何の会社?
テイジンは、3つのテーマを中心にソリューションを生み出す会社

たとえば、、、

環境価値ソリューション

鉄よりも強くて軽いテイジンの素材を航空機の骨格へ。安全な軽量化によって、
CO2排出量
約25%削減

安心・安全・防災ソリューション

400℃超の耐熱性と、優れた難燃性をもつメタ系アラミド繊維「コーネックス®」を開発。
過酷な火災現場に
立ち向かえる消防服を

少子高齢化・健康志向ソリューション

地域の医療・福祉関係者が、患者さんの情報をスマホでかんたんに共有できるシステムを開発。
超高齢化社会に
必要な、
地域包括ケアの
クオリティを向上

BUSINESS

マテリアルとヘルスケアが2大領域。
そこに最先端のITを組み合わせ、時には2つの領域の融合を図りながら、
持続可能な社会実現に向けた、ソリューションを提供していく。

HISTORY

1960'
化学繊維の
時代
ポリエステル繊維「テトロン®」を支えに
グローバル合成繊維メーカーへ。
マテリアル事業の
確立
2000'
多角化の
時代
化学の知識を活かし医薬・在宅医療事業を開始。
情報システムの外販ビジネスにも着手。
ヘルスケア事業の確立
IT事業の確立
2000'
新たな価値の
創造
「素材の複合化」「事業間の融合」
「ソリューション提供」を軸に
ソリューション提供型
ビジネスモデルの確立へ

変化に柔軟に適応しながら、時代が求めるソリューションを
積極的に提供してきた歴史。
どんなに時代が変わっても、この姿勢は変わらない。

BACKBONE

海外グループ会社数

117

国内グループ会社数

55

海外売上高比率

41.4%

海外従業員比率

54.6%

売上高

8,365億円

従業員数

21,090
(2021年3月末現在)

世界20ヵ国以上で事業を展開。
グローバルにソリューションを提供していけるバックボーンがある。

クォリティ・オブ・ライフの向上のために、
テイジンはこれからも、ソリューションを生み出しつづける。
そのために必要な事業、歴史、バックボーンは揃っている。

しなやかに未来を変えていく