TEIJIN|帝人キャリア採用情報 - よくある質問と回答

  1. キャリア採用トップ
  2. よくある質問と回答
  3. 待遇

待遇

Q1.社宅はありますか?
あります。帝人グループでは、所帯を持つ方には社宅を、独身の方には寮を用意しています。居住条件に、年齢や入居期間の制限はありません。事業所に近い場所では、基本的に保有社宅や寮が完備されており、空き室に随時入居いただきますが、満室で用意できない場合には、借り上げにて社宅および寮を準備しています。1ヶ月の自己負担金(基準家賃)は、独身寮の場合(ガス・水道・電気代込)、25歳で約8,200円、35歳で約20,600円、社宅(2LDKタイプ/ガス・水道・電気代別)で、30歳で約25,000円、45歳で約37,500円です。年齢漸増方式を導入しており、一定の年齢に達しますと負担額は増えていきますが、持家の促進を図るため、新規持家取得者にはある一定の条件をクリアすれば、最大150万円の支援金を支給する『持家支援金制度』もあります。
Q2.処遇について教えてください。
入社時は、原則として新卒入社者の標準昇進者と同じ職級で処遇いたします。中途入社者のハンデはありません。また帝人⑭にて採用し、入社3年を経過した時点でグループ会社に転籍する採用・配置方法を導入しています。
Q3.勤務地の希望はどれぐらいかないますか?
現在、勤務地限定型の採用は実施していません。ただし、初任地希望について、面接時にご本人意向を確認させていただき、応募者の専門・ニーズに合致した場合は、勤務地も考慮しています。入社後の人事異動に関しても、「年間人事計画」を策定し、客観的で透明性の高い異動を計画的に行っています。また自己申告制度が加わり、目標設定面接時に意向・希望を上司と話し合う機会があります。
Q4.入社後、別の職種や事業への異動は可能ですか?
帝人グループ内における社内公募制度『ジョブチャレンジ制度』を導入しています。本人希望と公募先部署によるニーズがマッチした場合に、公募先部署へ異動できる仕組みです。また、自己申告で他事業への異動希望をした場合、ある一定の条件を満たせば、原則として異動(※)を実施させる、『キャリアチャレンジ制度』も導入しています。スキルを伸ばし、経験を積み、意欲に応じて新しい領域にもチャレンジしながら、さらに大きく成長していただける環境があります。
(※希望先事業に人財需要があり、受入を認められた場合に限る)
Q5.海外で働く機会はありますか?
あります。現在、帝人グループの事業活動地域も、日本、アジア、欧米とグローバルに広がっています。グループ社員数約19,000人のうち、約8,000人が海外法人で働く社員で、そのうち日本からの赴任は約200人弱おります。
Q6.大学への派遣などはありますか?
あります。帝人グループでは、産官学連携の取り組みを1970年代からさまざまな分野で始めており、大学のみならず、政府機関や民間企業との共同研究を通じて技術戦略を推進、加速させています。そのため、研究技術者の能力深耕を図るため、学会・研究会などに積極的に参加させるとともに、国内外の大学に研究者を派遣しています。

このページの先頭へ戻る