TEIJIN|帝人キャリア採用情報 - 社員インタビュー - T.Suzuki

  1. キャリア採用トップ
  2. 社員インタビュー
  3. T.Suzuki

T.Suzuki

  • 所属:帝人エンジニアリング株式会社 設計センター 電装設計部
  • 入社年:2007年
  • 専攻:工学部電気工学専攻

トータルエンジニアリングを目指して帝人に入社

トータルエンジニアリングを目指して帝人に入社

機械と電気を組み合わせたスケールの大きいものを作りたいと考え重工系の会社へ。しかし、部署が細分化されすぎていて、全体が見えにくい部分が不満でした。もっとトータルなエンジニアリングに関わりたいと考え、帝人に入社しました。

帝人の設備担当部署では、担当した設備を自ら設計、工事、試運転調整まで一貫して進めることができます。これこそ、まさに私が頭の中に描いていた仕事。入社後、初めて繊維の製造工程を見学しましたが、そこにあった設備には、今まで積み上げられた技術と、また人が微妙な手修正を加えた、いわば人間臭い部分もあり、面白い設備だなぁと思いました。帝人で扱っている製品も繊維だけではなく、化成品、医療医薬分野、また飛行機や自動車などの軽量化に一役買うと注目されている炭素繊維など、多岐に渡っているところにも興味を惹かれました。

電装設計部に配属され最初に任された仕事が、先ほど少し紹介した炭素繊維の生産能力増強工事、その中でも出来上がった炭素繊維を巻き取る工程、そして巻き上がったボビンを梱包する工程、すなわち自動制御化が求められる設備でした。

生産設備は人が介在するものなので、なんといっても安全を第一に考慮する必要があります。例えば巻き取ったボビンを梱包する工程には今回ロボットを採用いたしましたが、人が巻き込まれないように様々なリスクを想定し、対策を考慮する必要がありました。そして使いやすさも重要なポイント。電装の視点だけではなく、使う人の立場に立った設計が求められます。操作性の良さ、作業ミスを防ぐ対策など、作業者の意見を聞きながら、ひとつひとつ検討を重ねました。

一生忘れられない第一号機の完成の瞬間

一生忘れられない第一号機の完成の瞬間

今回の設備設計を通じ、貴重な経験を積むことができました。そのひとつのキーワードがトレーサビリティ。炭素繊維は航空機にも使用される重要な素材であるため、非常に細かなトレーサビリティが求められます。その製品がどのような条件で製造され、製品検査の結果がどうだったか、またどのようなルートを経由してお客様に納入されたのか、いざという時に探索できるシステムを構築する必要があり、そういった情報を自動的にデータベース化するため様々な工夫を施しました。

試運転調整が終わり、ようやく自分が手がけた一号機が完成。竣工式で、東邦テナックスの社長が運転ボタンを押し、自分の手がけた設備が無事稼働した時はホントに感無量でした。

プラント構築にはさまざまな視点が必要で、自分の担当である電気はもちろん、機械、化工設計者、また運転、保全担当者と足並みをそろえていかないと良い設備はできません。一つ一つ経験を積み、将来的には大きなプロジェクトをまとめられるようになりたいと思っています。

このページの先頭へ戻る