採用情報

山本 泰斗山本 泰斗

社員と何度も話し、「人を大切にする会社」と実感。
入社まで
社員と何度も話し、
「人を大切にする会社」と実感。

就職活動では、やってみたい仕事だけでなく、「どのような環境で、どのような人たちと一緒に働けるのか」という点を重視しました。最初のうちは業界や職種を絞らずさまざまな会社に足を運んでは、採用担当者だけでなく、現場で働いている社員の方にもお会いして、生の声に触れるようにしました。さまざまな職務や経歴の方々が、笑顔で自分の仕事について話す姿に触れるうちに、「本当に人を大切にする会社なんだな」と肌で感じました。テイジンなら、魅力あふれる人々と、やりがいのある仕事ができるかもしれない。そう考え、入社を決意しました。入社後も、「人を大切にする会社」という印象は全く変わっていませんね。

ケア職や看護師とチームで臨む。すべては患者さんの安心のため。
現在の仕事紹介
ケア職や看護師とチームで臨む。
すべては患者さんの安心のため。

在宅医療機器の営業として、現在は地域の大学病院を担当しています。テイジンの在宅医療機器は、患者さんの元に製品を届けて終わりではありません。患者さんにとっては、機器が届いてからがスタートです。安心安全に療養していただけるよう、患者さんのお宅へ定期的にメンテナンスに訪れるケア職の方や、24時間365日問合せに応えるオペレーターの方、処置を担当する看護師などがチームとなって患者さんをバックアップします。営業も密にケア職の方や看護師と情報共有をしており、担当医師を訪問するときは、必ず患者さんの状況をフィードバックするようにしています。大きな病院では担当医師以外にも、臨床検査技師や医療コンサルタント、契約担当の事務職員の方など多くの方々が在宅医療機器に携わるため、病院全体と信頼関係を築くことも欠かせません。いまやテイジンは在宅医療機器ではリーディングカンパニーというべき存在ですが、それもチームでの盤石な協力体制を整え、医療機関と信頼関係を築き、そして何より患者さんの安心を追求してきたからこそだと日々感じています。

患者さんの希望を叶え、笑顔になれるお手伝いを。
テイジンさしさを感じたワクワクした仕事
患者さんの希望を叶え、
笑顔になれるお手伝いを。

テイジンの在宅医療には「旅行支援サービス」というものがあります。これは、在宅医療機器をお使いの患者さんが旅行へ出かける際に、旅行先の最寄りの営業所から機器や酸素ボンベをお届けするサービスです。営業所に配属されて間もない頃、余命宣告を受けた患者さんから「最後に家族と温泉旅行に行きたい」という相談を受けました。水に弱い電子機器をそのまま風呂場へ設置するわけにはいきません。でもどうにかして、酸素を吸入しながら温泉に入ってもらいたい。旅先近くの営業所とも相談を重ね、医療機器が濡れないようビニール袋で梱包し、どうにか風呂場へ持ち込むことができました。しばらくして残念ながら患者さんは逝去されたのですが、ご家族の方がわざわざ営業所までお見えになり、「テイジンさんには感謝しています」とお言葉をいただきました。在宅医療というサービスを通じて、少しでも患者さんが笑顔になれるお手伝いができたのではと思います。

ワークライフバランス

幼い頃から本を読むのが好きで、歩きながらでも本を読んでいるような子供でした。今でも小説やビジネス書など、ジャンルを問わず月15冊は読破しています。また、長期の休暇では、夫婦で台湾やハワイなど海外旅行も楽しんでいます。

私の3大変化私の3大変化

1
1
入社式にて、社長からかけられた「歯車ではなく、エンジンになりなさい」という言葉にハッとしました。細分化された業務の中においても、目の前だけを見るのではなく、自らエンジンとなって周囲を巻き込む存在であってほしい。広い視野を持つ大切さに感銘を受け、以来、主体的に周囲に働きかけることを意識するようになりました。自分が担当する在宅医療機器の分野も、高齢化社会というより広い視野で捉えれば、今までにない新しいソリューションを提供できると考えています。
2
2
学生時代に真面目に学業に励んでいなかった反動なのか、営業の仕事をするほど「もっと勉強をしたい」と思うようになりました。現場で営業のスキルを高めつつも、今後新しいビジネスが登場した場合には柔軟に対応せねばならないでしょう。将来を見据え、もっとビジネスについて知識を深める必要があると考えています。最近は読書量を増やすようにしており、新しい知識を積極的に取り入れるよう心がけています。
3
3
仕事で思うように成果が上がらず悩んでいるとき、父から「組織の成功循環モデル」という考え方を聞きました。先に結果だけを追い求めるのではなく、信頼関係の質を高めることから始めること。信頼を深めることで、個々人が自発的に行動でき、ひいては結果につながるという内容で、とても納得感がありました。それ以来、「信頼」をキーワードに仕事に臨んでいます。
事務系社員
技術系社員
ページ上部へ戻るページ上部へ戻る