採用情報
機電系エンジニア座談会機電系エンジニア座談会

分野にとられない、幅広いモノづくりに携わりたい。
入社の理由
分野にとらわれない、
幅広いモノづくりに携わりたい。

 岡:
大学時代は、機械工学を専攻しており、複合材料を使った医療機器の研究をしていました。就職活動では、自身の研究と関連があったことから、テイジンのインターンシップを知り、参加することに。実際の仕事を体験し、『テイジン、面白そうだな』と思うようになりました。テイジンは私にとって馴染みのない化学メーカーでしたが、その分、機電系社員が少なく、1人の人間に任せる仕事の幅も広そうだったのが魅力でした。
山下:
専攻は電気工学で、周りは電機メーカーに就職する人が多かったですね。でも、電機メーカーの場合、ある特定分野のスペシャリストとして極めていくキャリアがほとんど。私はもっと幅広い経験を積みたかったのです。素材メーカーであれば、様々な分野の知識・技術を組み合わせたモノづくりに携われる。また、テイジンには医療分野もあり、将来性が豊かなビジネスも経験できるのではないかと思ったのも、入社の理由の一つでした。
伊藤:
私は化学工学専攻で微粒子の研究をしていて、将来は化学プラントを建てたいと考えていました。研究室の先輩にはテイジンに入社した方も多く、話を聞いてみると、『テイジンならそれができる』と。気さくで話しやすい先輩が多かったのも、入社のきっかけですね。
宮内:
化学工学を学んでいましたが、私にもテイジンに入社した先輩がいました。やはり人柄が良くて話しやすい人でした。実際に入社した後もその印象は変わらず、優しくて面倒見のいい先輩が多いと思います。また、素材の開発から生産機のスケールアップまで、幅広いモノづくりが経験できると考えていました。
山下

まだ世の中にないものをつくる、設備を創る。
仕事内容
まだ世の中にないものをつくる、
設備を創る。

 岡:
現在の仕事は、複合材料の生産設備の設計と導入です。まだ世の中に普及していない新しい材料を生産する設備なので、世の中に大きなインパクトを与えることができる技術開発に携われるのが、大きなやりがいとなっています。
宮内:
新素材の研究開発の現場は、本当に試行錯誤の連続。化学系エンジニアとともに議論し、試作してみて、失敗して、また考えて。そんな繰り返しの中で、少しずつ形になっていくのが面白いですね。まだ世の中にない素材をつくるための、設備開発。予想もつかない新発見が沢山ある、刺激たっぷりの毎日を送ることができています。
伊藤:
自分が設計した設備から新製品が出る瞬間は、やっぱりドキドキしますし感動的ですよね。この仕事の醍醐味だと思います。私は最初の4年間は高分子化合物の重合設備等のいわゆる化学プラントの設計を担当していましたが、現在は医薬品の生産設備を担当しています。まったく違う分野に自分の経験を広げられるのも、テイジンならではだと思います。
山下:
私は、松山事業所全体の電装設備の保全を担当しています。皆さんが話しているようなテイジンの新しい挑戦を、陰で支える役割を担っている。そう思うと背筋が伸びます。例えば、万が一トラブルが起きて1日間停電を起こしてしまったとすると、数千万円規模の損失に繋がる可能性があります。事業所で働く数百人の仕事への情熱や挑戦を守りつづけていく。大きな責任と、それ以上に大きなやりがいのある仕事だと思います。
伊藤

多彩な分野で、日本のモノづくりを支えている。
テイジンで働くやりがい
多彩な分野で、
日本のモノ作りを支えている。

 岡:
自分が携わった素材が、さまざまな場所で活用されているのを目にするときが、一番嬉しい瞬間ですね。フィルムなら、スマートフォンやテレビの液晶の反射シート。複合材料であれば、デジタルカメラの筐体に使われており、今後は自動車のボディとしての活用が注目されています。世の中のあちこちで、自分の仕事が役立っていることを実感できる。素材メーカーならではの良さですね。
山下:
逆に言えば、テイジンの素材づくりが止まってしまったら、世の中のモノづくりが止まってしまう。そう考えると、素材メーカーの社会的意義はとても大きいですね。だからこそ、生産設備の電気装置の保全は本当にシビア。ここでミスが起これば、テイジンの品質だけでなく、世の中のモノづくり全体の品質に影響を与えてしまうわけですから。
伊藤:
単一の素材だけでも幅広く世の中のモノづくりに貢献できますが、テイジンの場合、素材の分野も本当に多種多様。入社後、松山事業所にいた頃は、携わった素材がスマートフォンに使われていました。現在はうって変わって、医薬品の製造に携わっています。薬は人間の体内に入るものなので、より安全や品質への意識を強く持つようになりました。多彩な経験を通して、今までの自分にはなかった意識や技術が磨かれていくのを実感します。また、さまざまな分野の設備開発をするということは、そこで働くさまざまな人たちの立場に立ってモノづくりをするということ。同じ素材をつくる設備であっても、使う人が変われば、また違った気遣いが必要になります。
宮内:
設備開発で大切なのは、技術だけではありません。設備を使う人たちとのコミュニケーションも大切です。現場が100あれば、100通りのモノづくりがある。一つとして同じものはありません。だから面白いのだと思います。
宮内

挑戦をつづけるテイジンで、グローバル規模の挑戦を。
これからの目標、夢
挑戦をつづけるテイジンで、
グローバル規模の挑戦を。

山下:
今はまだ電装設備の保全しか経験したことがないので、これからは0から1をつくるような画期的な設備開発をしていきたいですね。テイジンは常に新しいモノづくりに挑戦している会社なので、新しい設備開発に携われるチャンスが多くあります。チャンスをつかんで、今まで以上に成長していきたいと思っています。
伊藤:
最先端のモノづくりに貢献できる機会が多いのが、テイジンの設備エンジニアの魅力だと思います。私自身の目標は、入社以来の夢である巨大な化学プラントの新設です。いつかチャレンジしてみたいですね。
宮内:
工場の新設に携わりたいなら、「海外に出る」という経験ができると思います。テイジンでは、若手でもどんどん海外に出て、グローバルに活躍できます。実際に入社2年目からインドネシアに赴任している同期もいますし、中国やタイで新規プラントの立ち上げを経験しているエンジニアも多くいます。世界でも通用するような得意分野をつくり、『この分野なら宮内に聞け』と言われる存在になることが今の目標です。
 岡:
実は、具体的に『これがつくりたい』というものはありません。一つのモノづくりに集中するよりは、多種多様な分野の新開発に関わりつづけ、より難しい問題解決にチャレンジしつづけたい。新素材を生産するプロセスを次々と構築し、そのスキームを世界へ広げていくような仕事をしていきたいですね。今までの経験や専門分野にとらわれず、幅広い分野で最先端のモノづくりに挑戦したいエンジニアにとって、テイジンは最高の職場の一つだと思います。
岡
ページ上部へ戻るページ上部へ戻る