採用情報

岡野 木綿子岡野 木綿子

1+1が2以上になる複合材料の面白さ
入社まで
1+1が2以上になる複合材料の面白さ。

私が大学に入学したての頃、素材はかなりホットな分野になっていました。それまでの鉄やアルミから炭素繊維をベースにした複合材料へと素材が変化することで、ものづくりが新しい時代に入りはじめていました。大学で研究テーマに選んだのも複合材料。「1+1で2以上の機能をつくりだそう」という複合材料の考え方がとても面白いと思いました。
というわけで就職活動でも「どうせ仕事をするのなら今最もホットな分野に関わりたい」と素材メーカーを中心にまわりました。そうした中でテイジンを選んだのは、自分の力を発揮できる風土を感じたからです。その象徴ともいえるのが最終面接。他社ではなかったほど何人もの幹部社員と面談しましたが、重苦しさはまったく無く、リラックスした雰囲気のなかで自分を思いどおりに伝えることができました。

航空機や自動車の発展に貢献する新素材に取り組む
現在の仕事紹介
航空機や自動車の発展に貢献する
新素材に取り組む。

現在、担当しているのは、プリグレグという炭素繊維と樹脂を組み合わせた素材の開発です。この素材は、熱硬化性炭素繊維複合材料(CFRP)の原料として使用され、航空機や自動車に向けたCFPRの製造に用いられるものです。この新しいプリグレグにより従来まで数時間かかっていた生産時間が数分間で可能になり、高価な限定品だけに使われていたCFRP部品の大量生産ができるようになります。
担当プロジェクトの進行状況は、開発したプリプレグの用途展開で顧客提案に取り組んでいる段階です。「つくった試作品をお客様に評価していただき、その結果をもとに改良をする」といったことを繰り返し、一歩一歩、品質を向上させています。地道ですが、社内のいろいろな人からの知見を集めて問題点をクリアにし、顧客から「使いやすくなった」、「生産がしやすくなった」といってもらえた時は、達成感を感じることができました。

技術部門の代表として、海外での技術サポートを経験
テイジンさしさを感じたワクワクした仕事
技術部門の代表として、
海外での技術サポートを経験。

テイジンは、若手のうちから一人前の技術者として仕事を任される会社です。私の場合、つい数ヶ月前に「海外の客先での成形トライアルを任せてもらう」という経験をさせてもらいました。営業担当者2名と同行しましたが、技術系社員は自分が1人。私としては、英語も得意でなく不安がいっぱいでした。先方としても私のような若手が技術者の代表として来たことに対して当初は失望感を持たれていたのではないでしょうか。それでも、迅速なアドバイスに努め、生産に必要な作業を一緒に進めるうちに日を追って密なコミュニケーションができるようになり、結果的には成形トライアルもうまくいき、「あなたのサポートがあってよかった」と言っていただきました。

ワークライフバランス

オンとオフの両輪が大切ですから、「月曜日から金曜日は仕事に集中し、土日は夫と二人で過ごす」というスタイルでメリハリをつけています。休日には、夫や友人たちといっしょに、キャンプ、山登り、ハイキングへ。職場のある三島は、箱根、伊豆半島、富士山に囲まれていますから、遊ぶ場所には事欠きません。

私の3大変化私の3大変化

1
1
最初の1年で、学生時代の研究にはなかったビジネスの厳しさを一気に学ぶことができました。最初に担当した仕事は、当社の素材を使っていただくために必要な『物性を保証するデータ』を取りまとめる作業。数ヶ月で1000ページを超える量の資料をつくらなければならず納期までに成し遂げるのは容易ではありませんでしたが、非常に良い経験になりました。
2
2
入社2年目に、仕事内容が大きく変わりました。それまでは、開発が既に終わった素材をお客様に品質チェックしていただく「顧客認定」や生産プロセスへと落とし込む「量産移管」などの業務でしたが、素材開発そのものを担当するようになりました。新たに取り組むことになった熱硬化樹脂の「温度によって物の粘度が変化する」という独特な性質は、金属を専門に勉強していた自分には非常に新鮮でした。
3
3
海外で生産トライアルを成功させることができた時のことです。満足いただいた顧客から「今後もよろしく」と電子メールが届き、それを見た上司から「よくがんばったね」と言ってもらうことができました。普段は褒めることの少ない、尊敬する上司からの言葉でしたから、本当に嬉しい言葉でした。
事務系社員
技術系社員
ページ上部へ戻るページ上部へ戻る