採用情報

藤田 周子藤田 周子

社会に貢献できる営業職
入社まで
社会に貢献できる営業職

大学では農学部で食物栄養学の研究をしていましたが、研究室で探究することよりも、人と接し様々な情報を発信していく仕事がしたいと考え、営業職を軸に就職活動を行いました。
食品業界や医薬品業界を見ていく中で、医薬と在宅医療の2つの事業を持つテイジンに興味を感じました。特に在宅医療は、患者様やドクター、コメディカルといったお客様の声をダイレクトに感じることができ、それを営業活動に活かすことで、在宅医療の発展と社会に貢献できるという点に魅力を感じました。また、医薬品専業メーカーと異なり、テイジンは、さまざまな事業を展開しているので入社後も幅広い活躍の場が広がっていると考え、迷わず応募し、入社することができました。

マクロとミクロの両方の視点で事業を支える
現在の仕事紹介
マクロとミクロの両方の
視点で事業を支える

入社後は、山口営業所で在宅医療の営業を経験し、2007年に現在の在宅医療業務部に異動しました。
現在の部署は、在宅酸素療法(HOT)や在宅持続陽圧呼吸療法(CPAP)などに使用する在宅医療部門が扱う全ての医療機器の生産から出荷までの管理を行っています。
私はHOTに使用する医療機器の担当として、営業計画や直近の販売実績等から今後の需要を分析し、生産や出荷に関する計画を立案しながら、各部署との調整を任されています。
この業務の難しい点は、何種類もある製品をどのタイミングで生産し市場に投入するかを的確に判断しなければならないということです。当然ながら作りすぎると不要な在庫を抱える事となり収益に悪影響を及ぼし、不足すればテイジンの製品を必要としてくださっている患者様へ充分な機台の提供が出来なくなります。
工場の生産能力や部材メーカーの納期状況、新機種開発のタイミング、そして何よりも営業現場からのニーズ、これらを総合的に判断するマクロな視点と、何か問題が起きた場合でも業務が円滑に回るように、関連する各部署に働きかけ、その原因を分析し具体的な対応を検討するミクロの視点の両方を持っていなければなりません。

女性も誇りを持って活躍できる企業風土
テイジンさしさを感じたワクワクした仕事
女性も誇りを持って
活躍できる企業風土

入社前はあまり意識していませんでしたが、妊娠中の体調がすぐれない中での仕事や育児休職からの復帰、育児をしながらの仕事を経験する中で、テイジンは働く女性のための制度が整っており、恵まれた環境であることを実感するようになりました。
特に素晴らしいのは、女性でも特別視されることなく、自主性を重んじて仕事を任せてくれるところです。
現在は育児のため時短勤務ですが、通常業務と並行し、次世代の医療機器の企画・開発のプロジェクトにも参画しています。営業や開発スタッフなど、さまざまな立場の人とチームを組み、マーケット調査や、製品競争力確保のためのスペック設定や展開計画などを検討しています。
時短勤務とはいえ、仕事には結果が求められるので大変ですが、これまでの業務の経験を活かして働けることに誇りを感じています。

ワークライフバランス

大学ではバックパッカーの旅で世界15カ国を旅したほどの行動派。現在は公園で2人の子どもと一緒に植物や昆虫など自然観察にはまっています。日常の中の小さな発見のおもしろさを子どもから教えてもらっています。体を動かすのが好きなので、夏は海に、冬はスキーに、家族で季節を存分に感じながら楽しんでいます。

私の3大変化私の3大変化

1
1
山口県で営業としてスタートしましたが、最初は担当医療機関の先生からの質問にも上手く答えられずもち帰ったり、患者様のご自宅に伺う際には、不慣れな道のため約束の時間に間に合わなかったり、社会人として失敗の連続でした。でも、その時の武器は若さと行動力。失敗をしても、誠意をつくして対応することにより、次第に信頼をいただけるようになりました。そして、3年目には営業成績優秀者として表彰されました。営業職としての成長は周りのサポートのおかげだと思っています。
2
2
営業に慣れてきた頃に、まさかの本社異動。営業所では目の前のことで手いっぱいでしたが、本社に来て、在宅医療の仕事は営業だけではなく、生産や物流、管理など、さまざまな人と仕事が互いに協力しあって成り立っていることが初めてわかりました。
全体を知ることで、目の前の出来事を多角的に捉え、広い視野で仕事や会社について何が最適かを考えることを学びました。
3
3
2011年に初めての育児休職。復帰の際は、「仕事をやるぞ」とかなり意気込んでいました。すると男性の上司から、「仕事のフォローはみんなでできるが、母親のフォローはできないから、無理をするな」と言われ、バランスを考えて仕事に取り組むようになりました。
業務について上司と細かく確認を取りながら、周りとも綿密に連携し仕事を進めるようになりました。現在はサポートしてもらうことも多い立場ですが、将来は周りをサポートする立場になりたいと思います。
事務系社員
技術系社員
ページ上部へ戻るページ上部へ戻る