採用情報

濱田基子濱田基子

薬効という結果が評価される明快さに惹かれた
入社まで
薬効という結果が評価される明快さに惹かれた。

学生の時にも現在の仕事である創薬の初期段階に近いことを学んでいました。有機合成化学、その中で構造活性相関についても勉強していたんです。有機化学合成を生かせる業界が他にもある中で、就職先として製薬業界を考えたのは、薬をつくる過程もさることながら薬効という結果が評価される明快さに魅力を感じたからです。といっても、テイジンが医療用医薬品を手がけていることを知ったのは、正直にいうと、就職活動を始めてからです。数ある製薬会社でもテイジンに就職を決めたのは、採用面接を通じて、よりうまく自分を表現することができ、最も相性の良さを感じたから。また、周囲の人から「テイジンは女性が働きやすい」と聞いたことも、理由のひとつになりました。

創薬のプロジェクトのハブとなる「薬物動態」
現在の仕事紹介
創薬のプロジェクトのハブとなる「薬物動態」。

薬の素となる化合物を探索する仕事は、主に3つの部門が連携して進められます。新しい化合物をつくる「合成」、つくった化合物の薬効を調べる「薬理」、そして化合物が体内でどう動くかを調べる「薬物動態」。薬が薬効を示すためには、吸収されて、なおかつ代謝・排泄がされないで、薬効を示す臓器にきちんと分布することが必要です。私が所属している薬物動態の部署では「様々な試験を組み合わせて、どんな化合物が最もターゲット部位に長く高濃度でとどまるか」を探るという役割を担います。評価結果を合成の担当者に伝えることにより化合物の探索を誘導する立場にある薬物動態の仕事。まだ経験が少ない私としては「いかに説得力を持ってフィードバックしていくか」に苦心しています。とはいえ、合成のほか、薬理や安全性など、創薬に関するあらゆる要素と関わる、いうなればプロジェクトのハブとなる存在ですから、非常にやりがいを感じています。

同期入社の仲間たちとの交流が刺激に
テイジンさしさを感じたワクワクした仕事
同期入社の仲間たちとの交流が刺激に。

テイジンで働く魅力のひとつが、幅広い事業で活躍する同期たちとの交流です。その始まりは、松山で実施される新人研修。ビジネスの素養を一緒に学びながら、約1ヶ月の合宿を通じてお互いの人間性に触れることで、非常に「繋がり」が濃くなります。この時にできた関係は、配属になって各々が全国に散らばった後も継続。何かあれば度々集まります。昨年には「入社10年で集まろう」という記念イベントも行われたほどです。その時は、参加した全員が、自身の業務内容や課題を報告しあい、異なる事業のコラボレーションから生まれた商品の話を聞けたことが、非常に刺激になりました。素材部門とヘルスケア部門が連携して、新しい医療材料をつくる!こんなことができるのは、様々な事業を展開するテイジンならではといえるのでないでしょうか。

ワークライフバランス

子どもが4歳と2歳ですから、週末はそうのんびりできません。掃除、洗濯や買い物など‥様々な家事を集中的にこなします。そうした毎日での私の楽しみは?というと、読書です。会社では昼休みに、帰宅してからは子どもが寝た後に、図書館で借りてきたお気に入りの作家の新刊を読んでいます。

私の3大変化私の3大変化

1
1
合成から薬物動態へ。入社3年目に担当業務が変わりました。薬学専攻であれば大学で勉強しますが、理工学出身の私にとって、薬物動態は未知の分野。実験も結果の解析作業も、最初は試行錯誤の連続でした。次第に、プロジェクトにおける薬物動態のやりがいがわかってきて、「キャリアアップに繋がっている」と感じています。これからも、様々な挑戦を続けて、成長していきたいです。
2
2
入社6年目と入社8年目に産休・育休をとりながら働き続ける中で、仕事の進め方が変わりました。振り返ると、子どもがうまれる前は、漫然と仕事をしていて、やりたいだけ仕事をするといった面がありました。それが育児のためにも、きちんと定時で帰らないといけないように。手帳も持っていなかった私が「やることリスト」をつくったり、仕事の時間割を決めて、効率的に仕事に取り組むようになりました。
3
3
2回目の育休中に主人の海外留学に帯同し、9ヶ月のアメリカ生活を体験しました。その際、毎日のように主人が通う大学のインターナショナルセンターという施設で過ごしていました。そこは、まさにグローバル。パキスタン、インド、シリア、ロシア‥。様々な国・文化の多様な人々と交流し、価値観が大きく広がりました。
事務系社員
技術系社員
ページ上部へ戻るページ上部へ戻る