採用情報

大西 敦子

「素材と医薬の融合」に可能性を感じて
入社まで
「素材と医薬の融合」に
可能性を感じて

大学では有機化学を学び、農薬を研究テーマに低分子化合物の合成や分析などを行っていました。就職活動では「生物」と「化学」の2つのキーワードを軸に、医薬、農薬、化学メーカーなど幅広い業界で企業研究を行いました。いろいろな業界の方の話を聞くうちに、人を対象としたヘルスケアに携わりたいと考えるようになりました。テイジンは繊維の会社というイメージでしたが、会社説明会で新事業推進本部の存在を知りました。「素材と医薬の融合」という言葉が響き、志望度が一気に高まりました。これまでにない新しいことができるかもしれないと思い、入社を決めたのです。

子供の心臓病を救う、心臓修復パッチ開発に取り組む
現在の仕事紹介
子供の心臓病を救う、
心臓修復パッチ開発に取り組む

入社2年目から現在まで、医療機器の開発に携わっています。現在は主に子供の心臓手術に用いられる心臓修復パッチに取り組んでおり、具体的には欠損部の補填や狭窄部の拡大などに用いられる補綴材です。大阪医科大学と福井経編興業株式会社と共同で開発を行っており、AMED(日本医療研究開発機構)が推進する「医工連携事業化推進事業」にも採択されています。小児心臓手術治療において、世界に通じる医療材料の開発を目指しています。
開発中の心臓修復パッチは体内に吸収されるポリマーと、吸収されないポリマーで構成されています。この構造により、心臓に埋め込まれたパッチは体内で徐々に自己の組織に置きかわる特徴を有します。既存の心臓修復パッチでは子供の成長に伴い再手術が必要な場合があり、身体への負担は小さくないですが、新たな開発品によって再手術を避けるような心臓修復パッチが実現すれば、患者負担が少なくてすむという新たな価値が提供できると考えています。
開発には研究段階から関わり、現在は、品質や性能の評価系の開発を担当しています。医療機器はそれぞれの開発品によって評価しなければいけない特性が異なるため「なにが正解か」を試行錯誤しながら評価方法を決定しなければなりません。有識者へのヒアリングや海外製品の規格調査などを踏まえ、最適な評価方法の設定を進めています。

研究開発から製造まで全ての工程を体験したい
テイジンさしさを感じたワクワクした仕事
研究開発から製造まで
全ての工程を体験したい

現在担当している心臓修復パッチは今後の製品化に向け、試作から量産に至るスケールアップ検討や品質担保のための評価を進めています。これまでに設備や製造の担当者と何度もディスカッションをしました。わからないことや想定外のことはできるだけ予測し、さまざまな観点から仮説を出し、議論を重ねてブラッシュアップを繰り返しました。最初の試作品が完成した際は、チームでよろこび、大きな達成感を得ることができました。
次の目標は、心臓修復パッチが患者さんの元に届くまで見届けること。製品化まで長期間を要する医療分野において、若手のうちに研究開発から製造まで全ての工程を経験できるのは、めったにない大きなチャンスです。正直、厳しい課題も山積みですが、日々の成果がきっと患者さんを笑顔にできると信じて、開発に取り組んでいます。

ワークライフバランス

旅行が好きです。岩国事業所に勤務している時は休みのたびに遠出をしていました。錦帯橋や宮島にも行きましたし、大島でサイクリングもしましたね。以前はよく海外旅行にも行きました。おすすめはベトナムです。原付が行き交う交差点やマーケットなど、街全体がギラギラと活気に溢れており、元気になります。

私の3大変化私の3大変化

1
1
時間やスケジュールを意識し、効率的な行動を心がけるようになりました。大学の研究は一人で好きなだけ研究対象を追求できましたが、仕事では多くの人々が関わり、納期などスケジュールも決まっています。短時間で最大の成果を達成できるよう、開発のパフォーマンスを高めることを優先するようになりました。
2
2
情報共有を怠ったことでトラブルが起きたことにより、一層チームワークを重視するようになりました。情報を自分一人で抱え込まず、メンバーに適切に伝えることでチーム全体の生産性が向上します。また、社内外へ研究内容を説明する場面でも「わかりやすく伝える」ことを意識するようになりました。
3
3
入社して驚いたのは、医療機器はどんなに小さな試験でもプロトコルを提示する必要があり、承認を待たなければ着手できないことでした。学生時代は自分のタイミングで自由に研究をしていましたが、仕事の場合は必ず相手が存在します。きちんと手順を踏む大切さを学び、綿密に計画を立てて日々の業務にあたっています。
事務系社員
技術系社員
ページ上部へ戻るページ上部へ戻る